甲種日本語アクセント辞典


甲種日本語アクセント辞典

  甲種日本語アクセント辞典へようこそ。
  本辞典は近畿圏および四国圏の大部分また北陸圏の一部に分布する日本語で用いられる、
  いわゆる「甲種アクセント」「京阪式アクセント」「第一種アクセント」と呼ばれるアクセントの体系を示した辞典です。

  世間一般では「関西系イントネーション」「関西弁の発音」などと呼ばれているものと思って頂けると分かりやすいかと思います。

  (ちなみに東京圏や、テレビアナウンサー等が用いる日本語のアクセントは「乙種アクセント」「東京式アクセント」「第二種アクセント」と呼ばれています。)

  非母語話者(甲種アクセントが用いられていない地域の日本語の話者)の方は、
  移住や交流を深める際の習得を目指した学習資料として

  母語話者(甲種アクセントが用いられている地域の日本語の話者)の方は、
  自らが用いているアクセントの「振り返り」としてご活用頂けたらと思います。

  ※当Webページは、辞典の第一編纂者及び起草者である坂本小見山氏による「近畿日本語アクセント辞典」を元に複数の語彙及び拡張的コンテンツを追加し、
  Webページとして再構成したものです。

  最終更新日:令和3年8月29日(本編収録単語数:4870)
(以下索引よりコンテンツをご覧頂けます。)

 TOP 
 あ   か   さ   た   な 
 は   ま   や   ら   わ 
 その他 

「わ」「を」「ん」で始まる単語のアクセント

「H」は高い音程、「L」は低い音程、「↘」は核を表す。
一音節の単語のカッコ内は、伸ばして発音するときのアクセント型である。

(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)は、
現在の近畿中央部(京都南部~大阪北部)で失われた(単語によっては現存している場合もある)アクセントを示している。

近畿中央部におけるアクセント区別の一部崩壊は概ね近世辺りに生じたとされ、
特に現代の近畿本土では殆どの地域が近畿中央部と同様の状態に移行している。
(男・女など名詞の従来形は大阪南部や神戸を含め、近畿中央部以外での保存度が高いとも言われている。)

一方で、現在の和歌山県旧龍神村近辺・徳島県沿岸部・高知県中東部では
その従来アクセントが概ね強く保持されている(特に高知県中部)為、
この表記とした。



単語元表記など品詞アクセント備考用法解説
-ん助動H/L未然形①に接続する場合はH、未然形②に接続する場合はL未然形①・未然形②に接続して否定形を作る。
-んだ連語LL「-ぬ」の古い連用形「-に」に、過去の助動詞「た」が接続され、撥音便化・連濁化したもの。「死んだ」と同じ構造。和歌山県山間部・三重県などに限定される。大阪府摂津地方でも近年まで用いていた。
-んでLL「-ぬ」のテ形。「死んで」と同じ構造。
-んとく連語HHH動詞の未然形①を受けて、「~せずにおく」という文意を作る。例:「食べんとく」 語源は未詳。「食べんで」+「おく」という解釈では、「と」が静音であることを説明できぬ。
-んならん連語HLLL/LLLL強勢形はHLLL「せなならん」の砕けた形。
H(HH)伸ばすことで、加算の解であることを強調する。「坂本くん、関数-エフエックスと-ジーエックスの-和は-なんぼや?」HHHHLL、HHHL-LLHHLLL-HHHHLLL-HHH-LLHL?
終助L近畿日本語には男女差がほとんど無いため、男女ともに用いる。
L(LH)日本にまつわるものごと。「和のテイスト」「コンセプトは和です」
L(LH)
ワカ和歌HL
わが我が・吾が連体LH
わかい若いHLL
わかつ(・わかたん)別つ五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
わがはい吾輩LLLH
わかめ若布LHLHLLもよく聞かれる(昔から揺れている。。。?)
わかもの若者LLLH
わかりみ解りみ名(俗)HHHH
わかる・わからん分かる五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
わかれる・わかれん分かれる下一段HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL
わきHL
わく・わかん湧く五段HH・HHH
ワクHL
ワクHL
ワクセイ惑星HHHH
わけLH東京式の影響によりHLも多く聞かれる(「訳分かれへん」よりも「そんな訳」などのタイミングで出現傾向高)
わける・わけん分ける下一段LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL
わこ和子・若子HL
わこうど若人HHLL/LHLLHHLLは強勢形
わざHL
わさび山葵HLL元来は東京式と同じHLLだが、近年は山型化したLHLが主流
わしHLHH
わしLHHHも聞かれる(土佐の老年層)
わずか僅か形動・副LHL
わせ早稲LH
わせりんワセリンLLLH/LHLL若年層はLHLL優勢か
わた綿HL
わたくしLLLH派生形(あたくし)も同様東京式の影響によりHHHHも耳にする
わたしLLH派生形(わたい・あたし・あたい)も同様東京式の影響によりHHHも耳にする
わたす・わたさん渡す五段HHH・HHHH
わたる・わたらん渡る五段HHH・HHHH
わてLH
わなHL京都などではLHとも。
わにHL
わにHL
わやHL台無し。
わらLH大阪などではHLとも。
わらいごえ笑ひ声HHHHL
わらう・わらわん笑ふ五段HHH・HHHH
わらかす・わらかさん笑かす五段HHHH・HHHHH
わらじ草鞋LLH
わりHH
わりあい割合HHHH
わりことし悪い事し?HHHHL土佐弁いたずらっ子、腕白小僧、ワルサをする子供の意。
わりと割とLLH/HHHHHHは強勢形「割に」の誤りであるが、本来の「割に」が廃語になった現在では、事実上正式な口語である。
わる・わらん割る五段HH・HHH
わる名(俗)LH↘
わるい悪いHLL
われ割れ動名詞HH
われ割れ動名詞HH
われ代・間助(俗)LH土佐ではHH?河内地方・和泉地方で、俗に間投助詞として用いられることがある。「今日はなあ我、教授が実習する言いはったよってなあ我、第二実験室に行かなあかんど我」
われ我・吾LH
われる・われん割れる下一段HHH
われわれ我々LLLH/LHLLLHLLは強調形
格助H
んか連語(俗)LH「くれんかHLLH」の略であるため、直前の「て」を遅上がりさせる。 例:「食べてLLH」+「んかLH」→「食べてんかLLLLH」「くれんか」の略。用法も「くれんか」とほぼ同じ(やや柔和)。「たこ焼き焼いてんけど、良かったら食べてんか!」
単語元表記など品詞アクセント備考用法解説