甲種日本語アクセント辞典


甲種日本語アクセント辞典

  甲種日本語アクセント辞典へようこそ。
  本辞典は近畿圏および四国圏の大部分また北陸圏の一部に分布する日本語で用いられる、
  いわゆる「甲種アクセント」「京阪式アクセント」「第一種アクセント」と呼ばれるアクセントの体系を示した辞典です。

  世間一般では「関西系イントネーション」「関西弁の発音」などと呼ばれているものと思って頂けると分かりやすいかと思います。

  (ちなみに東京圏や、テレビアナウンサー等が用いる日本語のアクセントは「乙種アクセント」「東京式アクセント」「第二種アクセント」と呼ばれています。)

  非母語話者(甲種アクセントが用いられていない地域の日本語の話者)の方は、
  移住や交流を深める際の習得を目指した学習資料として

  母語話者(甲種アクセントが用いられている地域の日本語の話者)の方は、
  自らが用いているアクセントの「振り返り」としてご活用頂けたらと思います。

  ※当Webページは、辞典の第一編纂者及び起草者である坂本小見山氏による「近畿日本語アクセント辞典」を元に複数の語彙及び拡張的コンテンツを追加し、
  Webページとして再構成したものです。

  最終更新日:令和3年8月29日(本編収録単語数:4870)
(以下索引よりコンテンツをご覧頂けます。)

 TOP 
 あ   か   さ   た   な 
 は   ま   や   ら   わ 
 その他 

「さ」で始まる単語のアクセント

「H」は高い音程、「L」は低い音程、「↘」は核を表す。
一音節の単語のカッコ内は、伸ばして発音するときのアクセント型である。

(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)は、
現在の近畿中央部(京都南部~大阪北部)で失われた(単語によっては現存している場合もある)アクセントを示している。

近畿中央部におけるアクセント区別の一部崩壊は概ね近世辺りに生じたとされ、
特に現代の近畿本土では殆どの地域が近畿中央部と同様の状態に移行している。
(男・女など名詞の従来形は大阪南部や神戸を含め、近畿中央部以外での保存度が高いとも言われている。)

一方で、現在の和歌山県旧龍神村近辺・徳島県沿岸部・高知県中東部では
その従来アクセントが概ね強く保持されている(特に高知県中部)為、
この表記とした。



単語元表記など品詞アクセント備考用法解説
-さかいに接助LLLL終止形を受けて順接を示す。 注意:応用範囲が狭いため、以下の二点に注意すること。 ①「やから」のように「やさかいに」を文頭に用いることはできぬため、文頭について順接を示すときには必ず「そうじゃ」や「せや」などを伴う。 ②「*~するさかいである」のような体言的用法はできぬ。
-させる助動HHH/LLHHのあとではHHH、LのあとではLLH
-さらす助動HHH連用形①について、相手の動作を卑下する意味を作る。または、「する」の卑下語。河内方言では、逆説的に親密さを示すためにも用いられる。「久し振りやんけ。何さらしとったんど?上がって茶なとしばきさらさんけ、おんどれ!」
H(HH)
LHも許容
さいHH「そう」の意。「さいどすか」
サイHL
サイHL
さい采・賽HL
サイHL
サイ形動タルHL
サイキョウ最強HHHH
サイキョウ西京地名HHHH京都の異称。東京に対抗して言う。一部の京都府民が好んで用いる。
サイキン細菌HHHH
サイキン最近名・副HHHH
サイクロンcycloneHLLLL
サイゴ最後LHL
サイコウ再考名スルHHHH
サイコウ再興名スルHHHH
サイコウ最高形動・名HHHH
ザイサン財産HLLL
サイジャク最弱HHHH
サイショ最初LLH
サイシン最新HHHH
サイシン細心HHHH
サイシン再審名スルHHHH
サイシン再診名スルHHHH
サイゼン最前副・名LLHL「さっき」に同じ。「最前みかん食べてん」「最前から表が騒がしいな」
ザイタク在宅LLLH
さいで左様で連語HHH「そうですか」の略。
さいなら左様ならHLHL
ザイニチチョウセンジン在日朝鮮人LLLLLLHLLL
サイバン裁判HLLL
サイバンカン裁判官HHHLLL
ザイホウ財宝LLLH
サイリョウ最良HHHH
さいわい幸ひ形動・副HHHH
さえ係助LL
さえる・さえん冴える下一段LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL
さお竿HL
さが性・相HL
サガ嵯峨形動タルHL
さかい接助HLL「さかいに」に同じ。
さかきHHH
さかぐら酒蔵HHHH
さがす・さがさん探す五段HHH・HHHH
さかずきHHHH
さかな魚・肴HHH
さかば酒場HHH
さかマンジュウ酒饅頭HHHLLL京都の名産。
さがる・さがらん下がる五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
さき先・崎HH
さきHL
さき咲き動名詞LH
さぎHHHLも許容
サギ詐欺HL
さきっちょ先っちょHHHH
さきっぽ先っぽHHHH
さく・さかん咲く五段HH・HHH
サクHL
サクHL
さく・さかん裂く五段LH・LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)LH・HLL
サクゲン削減名スルHHHH
サクセイ作成名スルHHHH
サクヒン作品HHHH
さくらHHH
さくらい桜井地名LLHL/LHLL伝統的にはLLHLと思われる
さくらもち桜餅LLHLLしげく東西差について言及されるが、厳密には東西に因る差ではない。桜餅には長命寺風と道明寺風の二種があり、東に行くほど長命寺風の割合が高くなり、西に行くほど道明寺風の割合が高くなる。これが、いわゆる関東風・関西風の差異の正体である。
ざくろ柘榴HLL
さけHH注意:「お」を付ける場合、LLHに変化する
さけ接助HL「さかい」の転訛、あるいは古形とする説もある。
さけLH↘
さげ下げHL落語や漫才の、結末の部分。
さげる・さげん下げる下一段LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL
ざこば雑魚場LLH大阪方言。低価格な魚を専売する魚市場。
ささHHHH
ササイ些細形動ヤHLL
ささえる・ささえん支へる下一段LLLH
ささげ大角豆HHH
ささげる・ささげん捧げる下一段HHHH
さざれいしさざれ石HHHLL
さし差しHL物差しの略。
サスsusHL音楽用語。コードネームの接尾辞。
さす・ささん刺す・指す五段LH・LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)LH・HLL
さす刺し動名詞LH
ざす座主HL
ザセキ座席LLH
さぞHL
さそりHHH
サタ沙汰HL
さだめ定め動名詞HHL
さだめる・さだめん定める下一段HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL
さちHL
ザツLHHHも許容。
ザツオン雑音HHHH
ザッキン雑菌HHHH
さっさとLLHL
ザッショク雑食HHHH
さてHL
さど佐渡地名HL
さど佐渡地名HL
サトウ砂糖LHL
さどがしま佐渡ヶ島地名LLHLL
さとり悟り動名詞HHH
さとる・さとらん悟る五段HHH・HHHH
さなぎLLH
さね実・核HL
さばHH
さばHH
さびLHアクセント不安定。
さびる錆びる上一段LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL
さぶいぼ寒疣LLLH鳥肌のこと。述語は「出る」のみが呼応し、「寒いぼが出る」と言う。
サベツ差別名スルHLL
さほど然程LLH
さまHL慣用句「様になる」ではHH様子。
さます・さまさん冷ます・覚ます五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
さまたげる・さまたげん妨げる下一段HHHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHHLL
サマツ些末形動ヤLLH
さまよう・さまよわんさまよう五段HHHH・HHHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL・HHHLL
さむい寒いHLL派生形(さぶい)も同様
さむさ寒さLHL
さめLH異型:HH
さも然もHL
さやHL
さゆ白湯LH
さよ小夜HL
さよう左様副・感HHH
さようなら左様ならHLLHL
サヨク左翼HLL
さらHH
さらLH新品のこと。「まさか一回で合格するとは思わんださかいに、新しい参考書買うてしもうた。まださらやけど、使わんもん持ってても意味無いさかいに、売りに来ましてん」
さらに更にLHL
さらぴんさら品LLLH新品のこと。「古本屋で参考書買うてんけど、これ、明らかにサラピンやろう?ありがたいこっちゃ」
さる然る連体HL
さる・さらん去る五段LH・LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)LH・HLL
さるLH↘「箕面山には、猿が-仰山おる LLLLLHL、LHL-HLLLHL」
ざるLH
さわHH
さわらHLL
さわり動名詞HHH
サンHH
サンHL
サンHL
サンイ三位LHL
サンカク三角LHLL
サンカクケイ三角形LLHHLL派生形(サンカッケイ)も同様
サンコ三個LLH
サンコウショ参考書HHHHH
ざんじ暫時LHL土佐弁急ぎで、今すぐにの意。
サンジョウ参上名スルHHHH
サンジョウ三条地名LHLL
サンショウウオ山椒魚HHHLLL
ザントウ残党HHHH
サンニン三人LLHL
ザンネン残念形動ヤHHHL
さんま秋刀魚HHH
単語元表記など品詞アクセント備考用法解説

「し」で始まる単語のアクセント

「H」は高い音程、「L」は低い音程、「↘」は核を表す。
一音節の単語のカッコ内は、伸ばして発音するときのアクセント型である。

(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)は、
現在の近畿中央部(京都南部~大阪北部)で失われた(単語によっては現存している場合もある)アクセントを示している。

近畿中央部におけるアクセント区別の一部崩壊は概ね近世辺りに生じたとされ、
特に現代の近畿本土では殆どの地域が近畿中央部と同様の状態に移行している。
(男・女など名詞の従来形は大阪南部や神戸を含め、近畿中央部以外での保存度が高いとも言われている。)

一方で、現在の和歌山県旧龍神村近辺・徳島県沿岸部・高知県中東部では
その従来アクセントが概ね強く保持されている(特に高知県中部)為、
この表記とした。



単語元表記など品詞アクセント備考用法解説
-し接助L京都方言では順接をも表す。「*~するしである」のような体言的用法はできぬので要注意。近畿圏内の他地域には通用せず、並列助詞と混同しやすいため、度々誤解の原因となる。
-しなにHHH近畿・四国等で多様傾向「~の途中でついでに」の意。「~しに」は変化形。例:「帰りしなに買うてきたで」
-しにHH近畿・四国等で多様傾向「~の途中でついでに」の意。「~しなに」は原型。
-しめる助動HHH/LLHHのあとではHHH、LのあとではLLH古風な使役の助動詞。「言わしめる」などに化石的に残る。
H伸ばせず
H伸ばせず。和語は基本的にすべて伸ばせるが、これは例外。
H(HH)
H(HH)
H(HH)
H(HL)
L(LH)
H伸ばせず
L(LH)
L(LH)
しいHL
シイ思惟名スルHL
じいさん爺さんHLLL派生形(じいちゃん)も同様
じいじHLL祖父の愛称
シイテキ恣意的形動ヤHHHH
しおHL
しおれる・しおれん萎れる下一段HHHH
しか係助HL
シカ歯科HL
しか鹿HL
しが滋賀地名HL
シガイチ市街地LHLL
シカク四角LHL高知ではHHLも多く耳にする為、HHLが古形と推測される
シカク刺客LLH
シカク四角LLH
シカク視覚LLH
シカク資格LLH
シカクい四角いHHLL
シカクケイ四角形LHLLL派生形(シカッケイ)も同様
ジガばち似我蜂LHLL
ジカン時間HLL
シキ四季HL古い京都方言ではLH(古形?)
しき磯城地名HL
しぎLH↘
じきに直にHHH/HLLHHHは強勢形。「すぐに」と同じ。例「じきに往ね」
シキン至近LLH
シケイ市警HLL
シケイ死刑LHL
シゲキ刺激LLH
しげる・しげらん茂る五段HHH・HHHH
シケン試験名スルLHL
ジケン事件HLL
しこHL
ジコ事故HL
シコウ思考名スルLHL
シコウ至高LLH
シコウ嗜好名スルLLH
シコウ志向名スルLLH
シコク四国地名HLL
ジコク時刻HLL
ジゴク地獄HHH/LLH若い世代ではLLH
しこたまHHHH量が甚だしい様を表す。「これでもかと」とほぼ同義。否定的な意味に使われる頻度がやや高いが、肯定的な意味でも使えぬことはない。西日本広域で使用される。 「昨日、おかんにしこたま怒られたわ」「僕、葱が好きやさかいに、ラーメンにはいつもしこたま葱入れるねん」
しごと仕事HHH
ししHL
じじいLHL
しじみばし蜆橋地名HHHLL
シシャ使者HL
シシャ支社HL
シシャ死者HL
シシャカイ試写会LHLL
シシャゴニュウ四捨五入LHLLH
ジショ地所HL
ジショ辞書LH
シジョウ四条地名HLL
シジョウ市場LLH
シジョウなわて四條畷地名LLLHLL
ジシン地震HHH
しずまる・しずまらん静まる五段HHHH・HHHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL・HHHLL
しずむ・しずまん沈む五段HHH・HHHH
しずめる・しずめん沈める・鎮める下一段HHHH
シゼン自然形動・名HHH
シゼンと自然と副(俗)LLLH/LLHLLLHLは強勢形
ジゾウ地蔵HHH注意:「お」を付ける場合はLLLH
したHH
したHL
しだ羊歯HH古い京都方言ではHL(古形?)
したがう・したがわん従ふ五段HHHH・HHHHH
シタク支度名スルLLH
したじき下敷きHHHH
シチHL
シチ数詞HL派生形(ひち)も同様。
シチョウ市長HLL
シチョウ視聴名スルLLH
ジッケイ実刑HHHH
シッコク漆黒HHHH
シッソ質素形動ヤHHL
シッソウ失踪・疾走名スルHHHH
ジッテ実te-名(俗)LLH高知では促音化しない実テ(ジツテ、LHL)が用いられる実力テストの略称。大阪で聞かれる。
シッパイ失敗名スルLLLH
しっぽ尻尾HLL
シツモン質問名スルHHHH
シツレ失礼形動・名LHLL強調的表現をする場合、HHHHも耳にする(テレビ関西弁?)
して為てサ変(テ)HL
シデ死出HL
ジテこじて子名(俗)LHL和歌山方言。自転車の幼児語ないし俗語。
ジテンシャ自転車LHLL連濁した「じでんしゃ」も同様。
シドウ指導名スルLLH
しな品・階HH
しぬ・しなん死ぬ五段・ナ変HH・HHH
しのHL
しのび忍び動名詞HHH
しのぶ・しのばん忍ぶ五段HHH・HHHH
しのぶ地名(俗)LHL若者言葉。忍ケ丘の俗称。若い世代のスラングであるため、常に山型化している。
しのぶがおか忍ケ丘地名
しばHH古い京都方言ではLH(古形?)
しばく・しばかん五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
大阪(特に河内地方)では俗に「茶をしばく=喫茶する」「牛しばく=牛丼を食する」「鳥しばく=フライドチキンを食する」といった用法が盛ん。「~ブレイクをする」に近い。
しばし暫しHLL
しばしばHLLL
しばらく暫くLHLL
しばる・しばらん縛る五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
ジヒ慈悲HLアクセント不安定
しぶHL
しぶい渋いHLL
しぶき飛沫HLL
しぶちん渋ちんLLHLけちな人。あまり侮蔑的ではない表現。「あいだ思いよるが、あんたは本真にしぶちんやなあ」
ジブン時分HHH
ジブン自分名・代LLH一人称を二人称に転用して親しみを表す話法で、なれなれしい二人称代名詞としても使用される。
しべHL
ジヘイショウ自閉症LLLLH
ジべた地べたLHL奈良方言では土間も含意。
シボウ脂肪LLH
シボウ志望名スルLLH
シボウ死亡名スルLLH
しぼる・しぼらん絞る五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
しまHL
しま志摩地名HL
しまい終ひ動名詞HHH
しまい姉妹HLL
しまう・しまわん仕舞う五段HHH・HHHH
しみ紙魚・染みHH
ジミ地味形動ヤLH
しみる染みる上一段HHH
ジミントウ自民党組織名LLLLH
しむ・しまん(しみん)染む五段HH・HHH派生形(しゅむ)も同様。しゅむはLHを耳にする事がある(法則外の変化)「しみる」の五段活用化。「(主に食べ物に味が)染みる」の意。例:「ようしゅんどるさかい美味しいわ(よく染みているから美味しいね)」
しめ染め五段(仮・命)HL
しめ締め動名詞HL
しめHL
シメイ使命HLL
シメイ氏名HLL
シメイ指名名スルLLH
しめころす・しめころさん絞め殺す五段LLLLH・LLLLLH
しめった湿った五段PPHLLL
しめなわ注連縄LHLL
しめる・しめん湿る五段HHH・HHHH
しめる・しめん閉める下一段LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL
しもHH京都等ではHLも許容。
しもHL
しもHL
シャH伸ばせず
シャH(HH)
ジャH(HH)
じゃ助動Lやや尊大な断定。罵倒や叱責の際に多用される。「レポートの提出期限はとうに過ぎとんじゃ!」
シャーペンshar-penLLLHシャープペンシルの略。他の略(シャープ、シャープペンなど)は全く用いられず、「シャーペン」が専用される。
シャカ釈迦HH注意:「お」を付ける場合はLLH
シャカイ社会HLL教科名以外「社会の勉強HLLLHHHH」と発音すると、社会勉強というニュアンスになる。
シャカイ社会LHL教科名
シャカイシュギ社会主義LLLHL
ジャキ邪気HL
シャキョウ写経名スルLLH
シャクHH
シャクHH
シャクHH
シャクHH
シャクHL
シャクLH
シャクドウ赤銅HHHH
シャクとりむし尺取虫LLLHLL
シャゲキ射撃名スルLLH
しゃしゃら名(俗)HHH「〇〇が全く無い」を強めて「〇〇もシャシャラもない」と言う。「へったくれ」や「へちま」と同様、単語自体の意味は不明瞭。 「伏線もシャシャラもない三文小説」 「冷え切ったこの街には、愛も正義もシャシャラもなく、ただ嵐のみが吹き抜けよる」 「この抗生物質、薬効もシャシャラもあらへん」
ジャシン蛇神HHH
ジャシン邪神HHH
しゃちLH↘
ジャックjackHLL
シャバ娑婆HL
しゃべる・じゃべらん喋る五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
ジャマ邪魔形動・名HH
シュH伸ばせず
シュH(HH)
シュウHL
ジュウHL
ジュウLH
ジユウ自由形動・名LHL
シュウイツ秀逸形動ヤHHHH
シュウカイ集会HHHH
シュウカン習慣HHHH
シュウキョウ宗教LHLL
シュウサイ秀才HHHH
ジュウシ重視名スルHLL
シュウシュク収縮名スルHHHH
ジュウショク住職HLLL
ジュウソウ縦走名スルHHHH
ジュウソウ十三地名HLLL
ジュウソウ重曹LLLH
ジュウダイ重大形動ヤHHHH
ジュウタクガイ住宅街LLLHLL
シュウダン集団HHHH
シュウトク修得名スルHHHH
ジュウナン柔軟形動ヤHHHH
ジュウヨウ重要形動ヤHHHH
シュウリ修理名スルLLH名詞の場合は山型化あり。
シュウリョウ終了名スルHHHH
シュウレイ終礼HHHH
シュウレイ秀麗形動ヤHHHH
シュウレイヨウチュウ終齢幼虫HHHHHLLL
シュギ主義HL
シュキおびウンテン酒気帯び運転HHHHHLLL
シュク宿HL
シュクショウ縮小名スルHHHH
シュクダイ宿題HHHH
シュクテキ宿敵HHHH
シュクメイ宿命HHHH
シュゴウ酒豪HHH
シュシ種子HL
シュシガク朱子学LHLL
じゅじゅむ・じゅじゅまん五段HHH・HHHH四国・滋賀の方言。湿って柔らかくなる様。「昨日雨が降ったさかいに、道がじゅじゅんどる」
じゅじゅんだ五段PPHHLL
シュショウ主将HHH
シュショウ首相HHH
シュショウ殊勝形動ヤHHH
ジュズ数珠HL近年はHHとも。
シュダン手段HLL
シュッショ出処・出所LLH
しゅっとした連語HLLLL大阪方言。必ず「シュッとした」「シュッとしてる」など、体言を修飾する形で用いる。容姿や所作などが洗練されていて小ぎれいな様。 やや砕けた表現なので、あまり親しくない間柄では、「垢抜けた」などを用いるのが無難。
シュドウ主導名スルLLH
シュニン主任LLH
シュビ守備名スルHL
ジュヒ樹皮HL
ジュモク樹木HLL
シュワ手話HL
シュンLH
シュンカン瞬間HHHH
ジュンカン循環名スルHHHH
ジュンビ準備名スルLHL老年層からHLLを耳にすることがある(古形HLLが山型化…?)
シュンビン俊敏形動ヤHHHH
ショH伸ばせず
ショH伸ばせず
ショーshowHL
ジョーカーjokerHLLL
ショウHL
ショウHL
ショウHL
ショウLH
シヨウ仕様LLH
シヨウ私用LLH
シヨウ試用LLH
シヨウ使用名スルLLH
ジョウHL
ジョウHL
ショウガイ障碍HHHH
ショウガイ生涯HLLL
ショウガイジ障碍児HHHLL
ショウガイシャ障碍者HHHLL
ショウガイシャ障碍者HHHLL
ショウガクセイ小学生HHHLLL
ショウガツ正月HHHL注意:「お」を付ける場合はLLLHL
ショウガッコウ小学校HHHHLLLHLLLL/LLHHLL
ショウカン召喚名スルHHHH
ショウキ正気LLH
ショウギ将棋LLH
ジョウゲ上下HLL/LHL
ジョウケン条件HHHLHHLLやLLHLも聞かれる
ショウジン精進LHLL
ショウジンリョウリ精進料理LLLLHLL
ショウセイ小生HLLL
ショウチュウ焼酎LLHL
ジョウチョ情緒HLL
ショウテン昇天HHHH
ショウテン商店HLLL
ショウテン焦点HLLL
ジョウド浄土HHH
ショウニ小児LHLときとして、小児麻痺を指す侮蔑的なスラングとしても使用される。
ショウニン承認名スルHHHH
ショウニン上人HLLL
ショウニン商人HLLL
ショウバイ商売HLLL
ショウヒ消費名スルLLH
ショウミ正味名・副LHL
ショウメン正面HHHL
ショウモウ消耗名スルHHHH
ショウユ醤油HLL東京アクセントの影響か、HHH/LLHも耳にする。 高知ではHHLが優勢か(古形?)
ショクHH
ショクイン職員LHLL
ショクインシツ職員室HHHLLL
ショクジ食事・食餌LLH
ショクす食すサ変HHH
ショクブツ植物LHLL
ショクヨク食欲HHHH
ジョシ女子HL
ジョシ助詞LHHH
ジョシコウ女子校LLLH
ジョシコウセイ女子高生LLHLLL
ジョシダイ女子大LLLH
ジョシダイセイ女子大生LLHLLL
ジョセイ女性LLH
ジョセイ助成名スルLLH
しらこい白こいHHLL奈良方言。白々しい。
しらせる・しらせん知らせる下一段HHHH
しらみLHL山型化したもの?
しりHL
しりぞく・しりぞかん退く五段HHHH・HHHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL・HHHLL
しりぞける・しりぞけん斥ける下一段HHHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHHLL
シリョウ資料・試料・飼料HLL
シリョウ死霊LLH
シリョウ私領LLH
しる・しらん知る五段HH・HHH
しるLH
しるす・しるさん記す五段HHH・HHHH
しるべHHH
シレン試煉HLL
しらった白ったLHHH/LLLH土佐弁まっさらな白紙、未使用の紙を指す言葉。例:「流石にあのアンケート白ったで出したらまずいで」
しろHH
しろLH↘
しろあり白蟻LLLH
しろい白いHLL
しろしめす知ろし召す五段HHHHH
しろみ白身LLH
しわHH
しわい吝ひ動名詞HHHけち。吝嗇。
しわう・しわわん吝ふ五段HHH・HHHHけちること。
シンHL
シンHL
シンHL
シンHL
シンLH
ジンHL
ジンHL
シンエン深淵HHHH
しんがり殿HHHH
シンカンセン新幹線LLHLLL
シンクsincHLL
シンク真紅・深紅HLL
シンク身躯HLL
シンク辛苦HLL
ジンコウ人工HHHH
ジンコウ人口HLLL東京アクセントの影響かHHHHも耳にする
シンコウケイ進行形HHHHHH
シンコウシュウキョウ新興宗教LLLLHLLL
シンジツ真実HLLL
ジンジャ神社HLL
シンじる信じる上一段HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL
シンジン信心名スルHLLL
シンずる信ずるサ変LLLH
シンセカイ新世界LLHLL
シンゾウ心臓LLLH
ジンソク迅速形動ヤHHHH
しんだ死んだ五段・ナ変PPHLL
シンタイ身体HLLL
シンタイ進退HLLL
シンテイ進呈名スルHHHH
しんどいLLHL
シントウ神道HLLL
ジンドンキ人呑鬼HHHLL
シンネン信念HLLL
シンネン新年HLLL
シンパイ心配名スルHHHH
シンパイ心肺HLLL
シンピ神秘HLL
シンプ新婦HLL
シンプ神父HLL
シンプ新譜LLH
シンブン新聞LLLH
シンボウ辛抱名スルLHLL慣用表現「辛抱堪らん」=我慢できぬ
シンラバンショウ森羅万象HLLHHHH
シンリ心理HLL山型化傾向あり
シンリ真理HLL
シンリ審理名スルHLL
シンリン森林HHHH
単語元表記など品詞アクセント備考用法解説

「す」で始まる単語のアクセント

「H」は高い音程、「L」は低い音程、「↘」は核を表す。
一音節の単語のカッコ内は、伸ばして発音するときのアクセント型である。

(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)は、
現在の近畿中央部(京都南部~大阪北部)で失われた(単語によっては現存している場合もある)アクセントを示している。

近畿中央部におけるアクセント区別の一部崩壊は概ね近世辺りに生じたとされ、
特に現代の近畿本土では殆どの地域が近畿中央部と同様の状態に移行している。
(男・女など名詞の従来形は大阪南部や神戸を含め、近畿中央部以外での保存度が高いとも言われている。)

一方で、現在の和歌山県旧龍神村近辺・徳島県沿岸部・高知県中東部では
その従来アクセントが概ね強く保持されている(特に高知県中部)為、
この表記とした。



単語元表記など品詞アクセント備考用法解説
-ず助動LHも許容
H(HH)
H(HH)
H(HH)
L(LH)京都ではH(HH)とも。
L(LH)
L(LH)京都ではH(HH)とも
すい酸いHLLHLと三拍で発音されることも。
スイギュウ水牛HHHH
スイサン推参名スルHHHH
スイセン推薦名スルHHHH
スイチョク垂直形動・名HHHH
スイブン水分HLLL
スイヘイ水平形動・名HHHH
スイミン睡眠HHHH
スイミン睡眠名スルHHHH
スイヨウ水曜HHHL
すう・すわん吸ふ五段HH・HHH
スウHL
スウガク数学LHLL/HHHH教科名でないことを明示する際はHHHH
スウコウ崇高形動ヤHHHH
スウジ数字LLH山型化傾向あり
スウドン素饂飩LHLL
すえHH
すえる・すえん据ゑる下一段HHH
すかLHくじ引きなどの外れ。全国共通語だが、近畿圏では使用頻度が高い。
すかしば透かし翅HHHH
すかす・すかさん透かす五段HHH・HHHH
すかたん形動・名LLHL
すかたん形動・名(俗)LLHL
すがでらすが寺名(俗)LLLH大阪府大東市の下町の隠語。悪徳な寺院を罵って言う語。「スガデラのくそ坊主」
すきHH
すきHH
すぎHH
すきとおる透き通る五段HHHHH
すぎる過ぎる上一段LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL
すぎる過ぎる補助動LLH/HHHHのあとではHHH、LのあとではLLH否定形にはほとんどつかず、「食べんのが過ぎる」「あまりにも食べん」のように、かなり回りくどい言い方をせねばならぬ。西日本語最大の文法的弱点と言える。高齢層では稀に「食べんすぎる」とも。 未確認情報だが、かつては「食べにすぎる」のような形が存在したらしい(編者の母が、その更に祖父母から聞いたという)。恐らく、上代語にも見られる古い連用形「-に」に接続した形であろう。先述の「食べんすぎる」はその転か?
すぐ直ぐLH↘
すくう・すくわん救ふ五段HHH・HHHH
すくない少ないHHLL派生形(すけない)も同様。
すげHL
すごい凄いHLL
すごく凄くLHL
すこし少し副・名LHL
すごす・すごさん過ごす五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
すしHL
すじLH
ズシ厨子HL
すじえび筋蝦LLLH
すすHH京都などでLH↘も聞かれる。
すずHH
すずしい涼しいHHLL
すずしさ涼しさHHHL
すすむ・すすまん進む五段HHH・HHHH
すずむし鈴虫HHLL
すずめLLH
すずめばち雀蜂LLHLL
すすめる・すすめん進める下一段HHHH
すそHH
すそHH
すっとHLL直ぐに、早く
すっぱい酸っぱいHHLL
すでに既にLHL
すなHH
すねHL
すべLH↘
スペードspadeLHLLLLLHも聞かれるトランプのスート
すべて全てLHL
すべる・すべん統べる下一段HHH
すべる・すべらん滑る五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
ずぼら形動・名HHHLLH大雑把である様。また、大雑把な振る舞い。「ずぼらな女やで」「ごめん、ずぼらしたわ」
すま須磨地名HL
スマートウォッチsmartwatchLLLLHLL
スマートフォンsmartphoneLLLHLL
スマホsma-pho-LLH/LHL山型化あり。
すまん済まんHLL
すみ炭・墨HL
すみ隅・角LH
すみのドウ住道地名LLHLL
すみません済みません挨拶LLLLH
すみよし住吉地名LLLH
すむ・すまん済む五段LH・LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)LH・HLL
すめろぎ天皇LLLH派生形(すめらぎ・すべらぎ)も同じ
する為るサ変HH名詞と結合して複合動詞を作る場合のアクセントは、以下の法則で決定される。 「-LH」で終わる名詞(=遅上がりする名詞)→全体として「LLH」「LLLH」のような形をとる。 その他→特に変化せず
する・すらん擦る五段LH・LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)LH・HLL
するどい鋭いHHLL
すれる・すれん擦れる下一段LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL
すわ諏訪地名HL
すわる・すわらん座る五段HHH・HHHH
スンHL
すんだ済んだ五段PPLLH
ずんべらボウずんべら坊LLLHLL「のっぺら坊」に同じ。
ずんべらボンずんべら坊LLLLHL妖怪「ずんべらぼう」の顔のように、何もない状態を指す比喩。 この場合は、ボウからボンに変わり、アクセントも変化する。そのため、「ずんべらぼう」から別の単語として分岐・独立したと言える。 「空襲で、ここら一帯ずんべらぼんになってんで」 「夏休みの宿題、ずんべらぼんやんけ!」 「度重なる摩擦で凹凸が皆すりへってしもうて、見てみい、ずんべらぼんになっとるわ」
単語元表記など品詞アクセント備考用法解説

「せ」で始まる単語のアクセント

「H」は高い音程、「L」は低い音程、「↘」は核を表す。
一音節の単語のカッコ内は、伸ばして発音するときのアクセント型である。

(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)は、
現在の近畿中央部(京都南部~大阪北部)で失われた(単語によっては現存している場合もある)アクセントを示している。

近畿中央部におけるアクセント区別の一部崩壊は概ね近世辺りに生じたとされ、
特に現代の近畿本土では殆どの地域が近畿中央部と同様の状態に移行している。
(男・女など名詞の従来形は大阪南部や神戸を含め、近畿中央部以外での保存度が高いとも言われている。)

一方で、現在の和歌山県旧龍神村近辺・徳島県沿岸部・高知県中東部では
その従来アクセントが概ね強く保持されている(特に高知県中部)為、
この表記とした。



単語元表記など品詞アクセント備考用法解説
-せる助動HH/LHHのあとではHH、LのあとではLH
H伸ばせず背中・背後
H(HH)
H(HL)伸ばしてHLとすることで、「背中」ではなく「身長」の意を明確にする身長
H伸ばせず
間助L現代ではほぼ廃語。(団塊の世代までは稀に用いる)「元気やぜ」
セイHL
セイHL
せい所為HL
セイHL
セイ生・性HL
セイHL
セイ形動ナルHL
ゼイHL
ゼイHL
セイカクな正確な形動ヤLLLHL
セイカツ生活名スルLLLH
セイカツシドウ生活指導HHHHHLL
セイギ正義HLL
セイギョ制御名スルHLL
ゼイキン税金HHHH
セイコウ成功名スルHHHH
セイサク政策LLLH
セイサク制作名スルLLLH
ゼイジャク脆弱形動ヤHHHH
セイシュ清酒LLH
セイジョウ正常形動ヤLLLH
セイシン精神HLLL
セイジンシキ成人式HHHLLL
セイゾウ製造名スルLLLH
セイダン聖断HHHH
セイチュウ成虫HHHH
セイト生徒LLH
セイトン整頓名スルHHHH
セイヒツ静謐形動ヤHHHH
セイフ政府HLL
セイフ正負HLL
セイブツ生物LHLL/HLLL教科名でないことを明示する際はHLLL
セイメイ声明HHHH
セイメイ清明形動ヤHHHH
セイメイ生命HLLL
セイリ整理名スルLHL
セイレツ整列名スルHHHH
セイレツ凄烈形動ヤHHHH
セイレツ清冽形動ヤHHHH
セカイ世界HLL
せきHL
セキHL
セキHL
せき関・塞HL
せたらう・せたらわん背たらう五段HHHH・HHHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL・HHHLL
背負うこと。京都・大阪・奈良方言など。 「一山当てようなんて思うたらあきまへんえ。おまはんが肩に朸(おうご)を背たろうて、額に汗して働いたんが、親御はんへの何よりの土産や。地道にお稼ぎやす」(落語「はてなの茶碗」より)
セツHH
セツHL
セツHL
セツHL
セッキン接近名スルHHHH
セッシュ摂取名スルHLL
ゼッタイ絶対形動・副HHHH
セツダン切断名スルHHHH
セッつ摂津地名LLH
セツナ刹那HLL
ゼツボウ絶望名スルHHHH
ゼツミョウ絶妙形動ヤHHHH
せと瀬戸地名HHアクセント不安定
せともの瀬戸物LHLL
せなか背中LLH
ぜにLH
せばまる・せばまらん狭まる五段HHHH・HHHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL・HHHLL
せばめる・せばめん狭める下一段HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL
ゼヒ是非HL
ゼヒとも是非共LLLH近年は東京式のHLLLが多い。
せまい狭いHLL
せまめ狭め形動ヤHHH
せみHL
せめ責め動名詞HL
せめてLLH/LHL近年は山型化したLHLが主流
せめる・せめん攻める下一段LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL
せやさかいに連語HLLLLL「そうやさかいに」の派生。
せやよってに連語HLLLLL「そうやよってに」の派生。
せりHL
せり競り動名詞LH
ゼリーjellyHLL
せる・せらん競る五段LH・LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)LH・HLL
ゼロzeroHL
セロテcello-t-名(俗)LHL阪神地方で言う。セロファンテープの略称。
セワ世話名スルHL
セワ世話名スルHL
せわしいHHLL落ち着かぬ様子を客観的に示す語。全国共通語だが、近畿圏では使用頻度が高い。
せわしないHHHLL「せわしい」を強めた言い方。
センHL
センHL
センLH
センLH
ゼンHL
せんぐりLLHL次々と。重ねて「せんぐりせんぐり」とする場合が多い。
センコウ閃光HHHH
センコウ先行名スルHHHH
センコウ専攻名スルHHHH
センコウ穿孔名スルHHHH
センコウ選考名スルHHHH
センコウ線香HLLL
センコウ先公名(俗)LLHLジャンケンの掛け声「先攻後攻皆殺し」をもじって「先公、おのれら皆殺し」とし、どさくさに紛れて体制批判を行う者もいるという。
センコウ先攻名スルLLLHジャンケンの掛け声に「先攻、後攻、皆殺し LLLH、LLLH、HHHHH」とある。
センシ戦士HLL
ゼンシャ前者HLL
ゼンショ善処名スルHLL
センジョウ戦場HHHH
センジョウ洗滌名スルHHHH
センセイ宣誓名スルHHHH
センセイ先生HLLL
ゼンゼン全然HHHH
センゾ先祖HLL
センソウ戦争HHHH
センタク洗濯名スルHHHH呉音「センダク」も同じ
センタン先端HHHH
センテン旋転名スルHHHH
センド千度HHH「何度も」の意
センドウ先導名スルHHHH
ゼンブ前部HLL
ゼンブ全部副・名LHL古形はHLL。山型化により定着したものと思われる
ゼンヨウ全容HHHH
ゼンヨウ前蛹HHHH
ゼンリョウ善良形動ヤHHHH
単語元表記など品詞アクセント備考用法解説

「そ」で始まる単語のアクセント

「H」は高い音程、「L」は低い音程、「↘」は核を表す。
一音節の単語のカッコ内は、伸ばして発音するときのアクセント型である。

(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)は、
現在の近畿中央部(京都南部~大阪北部)で失われた(単語によっては現存している場合もある)アクセントを示している。

近畿中央部におけるアクセント区別の一部崩壊は概ね近世辺りに生じたとされ、
特に現代の近畿本土では殆どの地域が近畿中央部と同様の状態に移行している。
(男・女など名詞の従来形は大阪南部や神戸を含め、近畿中央部以外での保存度が高いとも言われている。)

一方で、現在の和歌山県旧龍神村近辺・徳島県沿岸部・高知県中東部では
その従来アクセントが概ね強く保持されている(特に高知県中部)為、
この表記とした。



単語元表記など品詞アクセント備考用法解説
-そう助動HL否定形にはつかず、否定形になりゆく様子を示すときは、「食べそうにない」「食べへんようや」のように回りくどい言いかたをせねばならぬ。西日本語全般の文法的弱点の一つ。
-そこなう損なう助動LLLH/HHHHHのあとではHHHH、LのあとではLLLH
H(HH)
終助L派生形(ど)も同様。
そいつLLH
そうHH言い切って体言的に扱うときはHL
ソウHL
ソウHL
ゾウ象・像HL
ソウギ葬儀HLL山型化傾向あり
ゾウキ臓器HLL
ソウジ掃除名スルLLH
ソウジ相似名スルLLH
ソウシキ葬式LLHL
そうじゃさかいに連語HLLLLLL文頭について、前の文に対して順接であることを示す。
そうじゃよってに連語HLLLLLL文頭について、前の文に対して順接であることを示す。
ソウショク草食名スルHHHH
ソウショク装飾名スルHHHH
ソウシン送信名スルHHHH
ソウソウ早々HHHH
ソウソウ葬送名スルHHHH
ソウゾウ創造名スルHHHH
ソウゾウ想像名スルHHHH
ソウソウに早々にHHHHH
ソウタイ相対HHHH
ソウタイ総体HHHH
ソウタイ早退名スルLLLH
ゾウダイ増大名スルHHHH
ソウダン相談名スルHHHH
ソウチ装置HLL
ソウチャク装着名スルHHHH
ゾウテイ贈呈名スルHHHH
ソウトウ相当副・名LLLH副詞以外ではHHHHも許容。
ゾウに雑煮LLH
ソウネン想念HLLL
ゾウむし象虫HLLL
ゾウモツ臓物LHLL
ゾウヨ贈与名スルHLL
ゾウリ草履LLH河内地方ではスリッパを指すこともある。
ソウレン葬列LHLL葬式の古風な言い方。
ソガイ阻害名スルLLH
ソクHL
ソクHL
ゾクHH
ソクメン側面LHLL
そげHL類義語「とげ」に比べて、より微細なものを指す。「足の裏にそげが刺さったような気がする」
そこHH
そこ其処LH↘
そこなう・そこなわん損なふ五段HHHH・HHHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL・HHHLL
ソソ楚々HL
そち其方HL
そちら其方LLH
ソツギョウ卒業名スルHHHH
そつけん卒研LLLH/LHLL若年層はLHLL優勢か
そつけん卒検LLLH/LHLL若年層はLHLL優勢か
そつろん卒論LLLH/LHLL若年層はLHLL優勢か
そっち其方LLH
そでHH
そとLH
そとLH
そとがわ外側LLLH
そない形動・副HHH「そんな」「そう」と同義。 「そないなこと」「そないに言う」「そない言う」
その其の連体HH
そのHL
その園・苑HL強勢形はHH
そばLH
そばLH
ソバ蕎麦LH
そばめし蕎麦飯LHLL若い世代ではLLLHとも。店員は従来どおりLHLLと発音。
そふ祖父HL
そむく・そむかん背く五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
そやさかいに連語HLLLLL「そうやさかいに」の派生。
そやさかいに連語HLLLLL「そうやよってに」の派生。
そら連語(俗)HH「それはHHH」の転訛。
そらLH
そらす・そらさん逸らす五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
そる・そらん剃る五段LH・LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)LH・HLL
そる・そらん反る五段LH・LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)LH・HLL
それ其れHH
それ其れHL
それ剃れ五段(仮・命)LH
それ逸れ動名詞LH
それで其れでHHH派生形(そんで・ほんで)も同様
それる・それん逸れる下一段LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL
そろそろHLLLLLHLも聞かれる
ソンLH近年は東京式のHLが多い。
ソンカイ損壊名スルHHHH
ソンガイ損害HHHH
ソンザイ存在名スルHHHH
ゾンじる存じる上一段LLLH
ゾンずる存ずるサ変LLLH
ソンタク忖度名スルHLLL
そんな連体HHH
そんなんHLLL「そんな事」の意(「そんなの」の音変化)。「そんなん不可能に決まってるやろ」「そんなんなってるん?」
ソンノウ尊皇HHHH
単語元表記など品詞アクセント備考用法解説