甲種日本語アクセント辞典


甲種日本語アクセント辞典

  甲種日本語アクセント辞典へようこそ。
  本辞典は近畿圏および四国圏の大部分また北陸圏の一部に分布する日本語で用いられる、
  いわゆる「甲種アクセント」「京阪式アクセント」「第一種アクセント」と呼ばれるアクセントの体系を示した辞典です。

  世間一般では「関西系イントネーション」「関西弁の発音」などと呼ばれているものと思って頂けると分かりやすいかと思います。

  (ちなみに東京圏や、テレビアナウンサー等が用いる日本語のアクセントは「乙種アクセント」「東京式アクセント」「第二種アクセント」と呼ばれています。)

  非母語話者(甲種アクセントが用いられていない地域の日本語の話者)の方は、
  移住や交流を深める際の習得を目指した学習資料として

  母語話者(甲種アクセントが用いられている地域の日本語の話者)の方は、
  自らが用いているアクセントの「振り返り」としてご活用頂けたらと思います。

  ※当Webページは、辞典の第一編纂者及び起草者である坂本小見山氏による「近畿日本語アクセント辞典」を元に複数の語彙及び拡張的コンテンツを追加し、
  Webページとして再構成したものです。

  最終更新日:令和3年8月29日(本編収録単語数:4870)
(以下索引よりコンテンツをご覧頂けます。)

 TOP 
 あ   か   さ   た   な 
 は   ま   や   ら   わ 
 その他 

「ら」で始まる単語のアクセント

「H」は高い音程、「L」は低い音程、「↘」は核を表す。
一音節の単語のカッコ内は、伸ばして発音するときのアクセント型である。

(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)は、
現在の近畿中央部(京都南部~大阪北部)で失われた(単語によっては現存している場合もある)アクセントを示している。

近畿中央部におけるアクセント区別の一部崩壊は概ね近世辺りに生じたとされ、
特に現代の近畿本土では殆どの地域が近畿中央部と同様の状態に移行している。
(男・女など名詞の従来形は大阪南部や神戸を含め、近畿中央部以外での保存度が高いとも言われている。)

一方で、現在の和歌山県旧龍神村近辺・徳島県沿岸部・高知県中東部では
その従来アクセントが概ね強く保持されている(特に高知県中部)為、
この表記とした。



単語元表記など品詞アクセント備考用法解説
-ら接尾語L
-られる助動HHH/LLHHのあとではHH、LのあとではLH
ライダーriderHLLL
ライチョウ雷鳥HLLL
ライトrightHLL
ラク形動・名HL
ラクがき落書きHHHH
ラクゴ落語LLH
ラクゴカ落語家LLLH
らしい補助形HLL
ラジオradioLHL/HLL昨今では山型化したLHLが主流。
ラシャ羅紗HL
らちHL
ラチ拉致名スルHL
ラッパ喇叭LLH
ランHL
単語元表記など品詞アクセント備考用法解説

「り」で始まる単語のアクセント

「H」は高い音程、「L」は低い音程、「↘」は核を表す。
一音節の単語のカッコ内は、伸ばして発音するときのアクセント型である。

(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)は、
現在の近畿中央部(京都南部~大阪北部)で失われた(単語によっては現存している場合もある)アクセントを示している。

近畿中央部におけるアクセント区別の一部崩壊は概ね近世辺りに生じたとされ、
特に現代の近畿本土では殆どの地域が近畿中央部と同様の状態に移行している。
(男・女など名詞の従来形は大阪南部や神戸を含め、近畿中央部以外での保存度が高いとも言われている。)

一方で、現在の和歌山県旧龍神村近辺・徳島県沿岸部・高知県中東部では
その従来アクセントが概ね強く保持されている(特に高知県中部)為、
この表記とした。



単語元表記など品詞アクセント備考用法解説
H伸ばせず
H伸ばせず
リエキ利益HLL
リカイ理解名スルHLL
リガイ利害HLL
リストラrestru-名スルLLLH
リセイ理性HLL
リダツ離脱名スルLLH
リチ理知HL
リャクHH
リュウHH
リュウHL
リョウHL
リョウHL
リョウ漁・猟HL
リョウHL
リョウLH
リョウセイアイ両性愛HHHLLL
リョウセイアイシャ両性愛者HHHHHLL
リョウセイルイ両生類HHHLLL
リョウリ料理HLL
リンHL
リンLH
リンセツ隣接名スルHHHH
リンネ輪廻名スルHLL
リンリ倫理HLL教科名以外「倫理の勉強HLLLHHHH」と発音すると、倫理学や道徳に関することがらを学んでいるというニュアンスになる。
リンリ倫理LHL教科名
単語元表記など品詞アクセント備考用法解説

「る」で始まる単語のアクセント

「H」は高い音程、「L」は低い音程、「↘」は核を表す。
一音節の単語のカッコ内は、伸ばして発音するときのアクセント型である。

(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)は、
現在の近畿中央部(京都南部~大阪北部)で失われた(単語によっては現存している場合もある)アクセントを示している。

近畿中央部におけるアクセント区別の一部崩壊は概ね近世辺りに生じたとされ、
特に現代の近畿本土では殆どの地域が近畿中央部と同様の状態に移行している。
(男・女など名詞の従来形は大阪南部や神戸を含め、近畿中央部以外での保存度が高いとも言われている。)

一方で、現在の和歌山県旧龍神村近辺・徳島県沿岸部・高知県中東部では
その従来アクセントが概ね強く保持されている(特に高知県中部)為、
この表記とした。



単語元表記など品詞アクセント備考用法解説
ルス留守HLLHも許容
ルフ流布HL古形はLH
ルリ瑠璃HH
ルリ瑠璃HL
単語元表記など品詞アクセント備考用法解説

「れ」で始まる単語のアクセント

「H」は高い音程、「L」は低い音程、「↘」は核を表す。
一音節の単語のカッコ内は、伸ばして発音するときのアクセント型である。

(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)は、
現在の近畿中央部(京都南部~大阪北部)で失われた(単語によっては現存している場合もある)アクセントを示している。

近畿中央部におけるアクセント区別の一部崩壊は概ね近世辺りに生じたとされ、
特に現代の近畿本土では殆どの地域が近畿中央部と同様の状態に移行している。
(男・女など名詞の従来形は大阪南部や神戸を含め、近畿中央部以外での保存度が高いとも言われている。)

一方で、現在の和歌山県旧龍神村近辺・徳島県沿岸部・高知県中東部では
その従来アクセントが概ね強く保持されている(特に高知県中部)為、
この表記とした。



単語元表記など品詞アクセント備考用法解説
-れる助動HH/LHHのあとではHH、LのあとではLH大阪方言では、可能動詞に「-へん」を接続せぬため、「-れへん」が不可能を表す。
レイHH注意:「お」を付す場合はLLH
レイHL
レイHL
レイギ礼儀LLH
レイグウ冷遇名スルHHHH
レイセツ礼節HHHH
レキシ歴史LHL/LLH教科名でないことを明示する際はLLH
レクリエーションrecreationLLLHLLL
レツHL
レフトleftHLL
レンゲ蓮華LLH
レントゲンRöntgenLLHLL
単語元表記など品詞アクセント備考用法解説

「ろ」で始まる単語のアクセント

「H」は高い音程、「L」は低い音程、「↘」は核を表す。
一音節の単語のカッコ内は、伸ばして発音するときのアクセント型である。

(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)は、
現在の近畿中央部(京都南部~大阪北部)で失われた(単語によっては現存している場合もある)アクセントを示している。

近畿中央部におけるアクセント区別の一部崩壊は概ね近世辺りに生じたとされ、
特に現代の近畿本土では殆どの地域が近畿中央部と同様の状態に移行している。
(男・女など名詞の従来形は大阪南部や神戸を含め、近畿中央部以外での保存度が高いとも言われている。)

一方で、現在の和歌山県旧龍神村近辺・徳島県沿岸部・高知県中東部では
その従来アクセントが概ね強く保持されている(特に高知県中部)為、
この表記とした。



単語元表記など品詞アクセント備考用法解説
爐・艫・櫓H(HH)
終助L上一段・下一段・サ変の命令形について命令文をつくる。東国発祥だが、最も普通。
ローマジRoma字LLHL
ロウHL
ロウHL
ロウHL
ロウHL
ロウジン老人LLLH
ロウドウ労働名スルHHHH
ロウドク朗読名スルHHHH
ロク数詞HL
ロドン魯鈍形動ヤLLH
ロンLH
ロンリ論理HLL
単語元表記など品詞アクセント備考用法解説