甲種日本語アクセント辞典


甲種日本語アクセント辞典

  甲種日本語アクセント辞典へようこそ。
  本辞典は近畿圏および四国圏の大部分また北陸圏の一部に分布する日本語で用いられる、
  いわゆる「甲種アクセント」「京阪式アクセント」「第一種アクセント」と呼ばれるアクセントの体系を示した辞典です。

  世間一般では「関西系イントネーション」「関西弁の発音」などと呼ばれているものと思って頂けると分かりやすいかと思います。

  (ちなみに東京圏や、テレビアナウンサー等が用いる日本語のアクセントは「乙種アクセント」「東京式アクセント」「第二種アクセント」と呼ばれています。)

  非母語話者(甲種アクセントが用いられていない地域の日本語の話者)の方は、
  移住や交流を深める際の習得を目指した学習資料として

  母語話者(甲種アクセントが用いられている地域の日本語の話者)の方は、
  自らが用いているアクセントの「振り返り」としてご活用頂けたらと思います。

  ※当Webページは、辞典の第一編纂者及び起草者である坂本小見山氏による「近畿日本語アクセント辞典」を元に複数の語彙及び拡張的コンテンツを追加し、
  Webページとして再構成したものです。

  最終更新日:令和3年8月29日(本編収録単語数:4870)
(以下索引よりコンテンツをご覧頂けます。)

 TOP 
 あ   か   さ   た   な 
 は   ま   や   ら   わ 
 その他 

「あ」で始まる単語のアクセント

「H」は高い音程、「L」は低い音程、「↘」は核を表す。
一音節の単語のカッコ内は、伸ばして発音するときのアクセント型である。

(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)は、
現在の近畿中央部(京都南部~大阪北部)で失われた(単語によっては現存している場合もある)アクセントを示している。

近畿中央部におけるアクセント区別の一部崩壊は概ね近世辺りに生じたとされ、
特に現代の近畿本土では殆どの地域が近畿中央部と同様の状態に移行している。
(男・女など名詞の従来形は大阪南部や神戸を含め、近畿中央部以外での保存度が高いとも言われている。)

一方で、現在の和歌山県旧龍神村近辺・徳島県沿岸部・高知県中東部では
その従来アクセントが概ね強く保持されている(特に高知県中部)為、
この表記とした。



単語元表記など品詞アクセント備考用法解説
ああHH言い切って体言的に扱うときはHL
アイ名スルLH/HL名詞として用いる際は、東京式と同じくHLと発音される場合が多い。京都方言・土佐方言などでは常にLH。 サ変動詞としては正則どおりLLLHと発音(詳細は「する」を参照)
あいLH?HLも許容。
アイくるしい愛苦しいHHHHLL
アイコク愛国HHHH
アイコクシャ愛国者HHHHL
あいさ名・副HHH名詞:あいだ。 副詞:ときどき。
アイする愛するサ変LLLH
アイソウ愛想名スルHLL
あいだ名・副HHH副詞では「普段」と同義。 「あの旦さん、間まともやのに、なんでお浄瑠璃のことになったらおかしゅうなりはるねん?」 「長屋のもんの間では、こない言われとる。その昔、あこの先祖が、浄瑠璃語りを絞め殺したそうな。その祟りや!」(落語「素人浄瑠璃」より) この場合、前者は副詞、後者は名詞として使用されている。
あいつLLH/HLLHLLは強調形。山型化傾向あり
アイボウ相棒HHHH
アイらしい愛らしいHHHLL
あう・あわん合ふ・会ふ五段LH・LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)LH・HLL
あおLH?
あおい青いHLL
あおじ青じLLH滋賀、三重方言など。青あざのこと。
あおじむ・あおじまん青染む五段LLLH・LLLLH奈良方言。青あざができること。
あかHL
あかLH?
あかい赤いHLL
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHL
河内・和泉方言では「明るい」の意もある。
あかご赤子HHL若い世代ではLHL。ただし、京都ではHHLが未だ根強い。
あかシート赤sheetLLHLL
あかす・あかさん明かす五段HHH・HHHH
あかちゃん赤ちゃんLHLL従来形はHLLLであるが、若年層は多くがLHLLへ移行している
あかはた赤旗LLLH
あかへん連語HLLL大阪方言「あけへん」も同じ。「あく(五段)」未然形②+否定「へん」。「駄目である」に同じ。慣例的に、連体形ではあまり用いぬ。 「そんなん-したら-あかへん HHLL-HLL-HLLL」「それは-あかへんで HHH-HLLLL」
あかペン赤penLLLH
あかり明かりHHH
あがる・あがらん上がる五段HHH・HHHH
あかるい明るいHHLL
あかん連語HHH「あく(五段)」未然形①+否定「ん」。「駄目である」に同じ。 「そんなん-したら-あかん HHLL-HLL-HHH」「それは-あかんで HHH-HHHL」「あかん-奴や HHH-HLL」
あき安芸地名HL高知ではHH
あき飽き動名詞LH
あきLH?
あきない商ひ動名詞・名HHLL
あきなう・あきなわん商ふ五段HHHH・HHHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL・HHHLL
「売る」の意。 例)「ひとつ-一銭で-あきのうてます HHL-HHHHH-HHHHHHH」
あきる・あきん飽きる上一段LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL
あきんど商人HHHH使用頻度の低下に伴い、東京式LHLLに交代しつつある。
あく・あかん開く五段HH・HHH
あく灰汁HH
アクHL
あく・あかん飽く五段LH・LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)LH・HLL
テ形は「飽いてLLH」。過去形もこれに準ず。
あくち赤口HHH奈良方言。口が赤く腫れた状態。
アクマ悪魔HLL
あけ明けHH
あげ揚げHH注意:「お」を付ける場合はLLH「揚げさんHHHH」と呼ぶ場合が多い。揚げ豆腐のこと。単に「揚げさん」と言う場合、薄揚げのことを指す。厚揚げを「揚げさん」と称することはまずない。
あける・あけん開ける下一段HHH
あげる・あげん上げる下一段HHH
あこ彼処LH?
あごLH時々HLも耳にする
あこがれる・あこがれん憧れる下一段HHHHH
あさLH
あさLH?
あざHL
あさい浅いHLL
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHL
あさせ浅瀬LLH
あさって明後日HHHL
あざむく・あざむかん欺く五段HHHH・HHHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL・HHHLL
あし足・脚HL
あしLH
あじHH
あじHH
あじHL
あじHL
アジアAsia地名HLL山型化あり。
あした明日HHH
あじない味無いHHLL「不味い」の意。
あしながばち足長蜂LLLHLL
アシュラ阿修羅HLL
あす明日HL近年はHHが主流
あすか飛鳥名・地名HLL古い京都方言ではHHH。
あずき小豆HLL古くはHHL。近年は、山型化したLHLが主流になりつつある。
あせLH?
あそ阿蘇地名HL
あそこ彼処LLH山型化したLHLが主流になりつつある。
あそぶ・あそばん遊ぶ五段LLH・LLLH
あだ仇・徒HL
あたえる・あたえん与へる下一段HHHH
あたたかい温かいHHHLL派生形(あったかい)も同様
あたたかさ暖かさHHHHL
あたたかみ温かみHHHHH
あたためる・あたためん温める下一段HHHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHHLL
あたまHLL
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHL
山型化あり
あたらしい新しいHHHLL
あたる・あたらん当たる五段HHH・HHHH
あちら彼方LLH
あつい厚いHLL
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHL
あつい暑い・熱いHLL
あっこ彼処LLH土佐弁、近江弁など
あつさ熱さ・暑さLHL
アッサク圧搾名スルHHHH
あっち彼方LLH
アッポちんLLLLH/LLLHLLLLHLは強勢形「アホ」を可愛く言う表現。
あつまる・あつまらん集まる五段HHHH・HHHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL・HHHLL
あつめる・あつめん集める下一段HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL
あて充て・宛て動名詞・名HH酒肴の意。
あてHL
あてる・あてん当てる下一段HHH頭髪にパーマネントを施すことは「パーマを当てる」という
あとLH
あとLH
あとさき後先LHLL
あなLH
あなLH
あない形動・副HHH「あんな」「ああ」と同義。 「あないなこと」「あないに言う」「あない言う」
あなた貴方HHLHHLアクセントの衰退により、HLL・LHLが混在。
あにHL
あにHL古くはLH?。
あにいLHL慣例的に三音節で発音する場合がある。
あにキ兄貴LHL
あねHH
あねキ姉貴LHL
あねさん姉さんHHHH
あのあの連体HH
あびせる・あびせん浴びせる下一段HHHH
あびる・あびん浴びる上一段HHH
あぶLH?
あぶら脂・油HLL東京式アクセントとの接触でHHHも聞かれる
あぶらみ脂身HHHH東京式アクセントLHHHからの借用か?
あぶらむし油虫LLHLL
アホ阿呆形動・名(俗)LH?アクセント解説の領分を越えるが、「ホ」の音程は他の単語よりも高いのが一般的。アホウの転訛。解説は「アホウ」を参照すべし。
アホウ阿呆名・感LHLアクセント解説の領分を越えるが、「ホ」の音程は他の単語よりも高いのが一般的。類義語「バカ」に対し、「阿呆」は呆れたニュアンスが強い。また、形容動詞「バカな」に連用形「バカに」があるのに対し、「阿呆な」の連用形「阿呆に」は用いられぬ。
アホくさい阿呆臭いLLHLLいかにもアホである様。また、状況がどうしようもなくくだらぬ様を、アホの臭いがすると譬えた言い方。「アホ臭うて見てられへん」
アホたれ阿呆垂れLLHL罵倒語。アホさを常に垂れ流しているようであるという意味。「気ぃ付けんかい、アホたれ!」
アホンだら阿呆んだら名(俗)LLLHL「阿呆」を強めた言い方。
あまHH
あま海女HH古くはHL
あまLH女性をぞんざいに言う語。
あまい甘いHLL
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHL
あまがさ雨傘LHLL
あまやどり雨宿りLLHLL
あまり余りHHH古くはHHL。HHL型の崩壊に伴い、名詞との弁別性がうまれた。
あまり余りLHL古くはHHL。HHL型の崩壊に伴い、副詞との弁別性がうまれた。
あまる余るHHH
あみHL
あみ醤蝦HL
あめHH「飴ちゃん」とも。京阪地方(特に大阪)では、親睦を深める目的でも用いられ、初対面の相手と会話するときに、飴を手渡し、共に食する習慣がある。特に作法はないが、傾向として、年長者から年少者、女性から男性に手渡される頻度が高い。
あめLH?
あめんぼ水黽LLLH
あもHL大阪では俗にLHLと三拍で発音されることもあるが、正則ではない和菓子の名称。京都・滋賀で特に人気。
あや綾・文HL
あやまった誤った五段PPHHHHL
あやまる・あやまらん誤る五段HHHH・HHHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL・HHHLL
あゆLH?
あゆむ・あゆまん歩む五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
あらHL
あらHL
あらう・あらわん洗う五段HHH・HHHH
あらかじめ予めLLLLH
あらくたい荒くたいHHHLL和歌山、大阪和泉地方などで用いる。荒っぽい。
あらしHLL古くはHHL
あらす・あらさん荒らす五段HHH・HHHH
あらそう・あらそわん争ふ五段HHHH・HHHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL・HHHLL
あらためる・あらためん改める下一段HHHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHHLL
あらへん連語LHLL派生形(あれへん(大阪))も同様。「ある」の否定形。「無い」との差はほぼ無いが、やや断定を避けた言い回しとも捉えうる。大阪方言では逆行同化して「あれへん」
あらわす・あらわさん表す五段HHHH・HHHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL・HHHLL
あらわれる・あらわれん表れる下一段HHHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHHLL
ありHH
ありがたい有り難いHHHLL
ありがとう有り難う挨拶LLLHL
ありジゴク蟻地獄HHHLL
ある(・あらん)有る五段LH・LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)LH・HLL
あるき歩きLHL若者言葉移動手段の一つの名詞として用いる。例:「チャリで行く?」「いや、歩きで行こうや」
あるく・あるかん歩く五段LLH・LLLH高知は地域によってはHLL・HHLLを耳にすることも
あれ荒れ動名詞HH
あれる・あれん荒れる下一段HHH
あれあれHL若い世代ではHH
あれあれHL
あれ有れ五段(仮・命)LH
あわHL
あわLH
あわ安房地名LH?
あわ阿波地名LH?
あわい淡いHLL
あわおこし粟??HHHLL大阪のお菓子。
あわさる・あわさらん合はさる五段HHHH・HHHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL・HHHLL
あわじ淡路地名HLL古くはHHL。
あわじしま淡路島地名LLHLL
あわす・あわさん合わす五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
あわびHLL
あわれ哀れ形動・名HLL
アンHL
アンHL
あん名スル(俗)HL在家の仏教徒による礼拝を指す幼児語。子供は仏壇に手を合わせて「まんまんちゃん、あん」と言う。
アング暗愚形動ヤHLL
アンこ餡子LLH
アンコク暗黒HHHH
アンころ餡転HHHHぼたもち、おはぎ
あんさん兄さんHLLL「あにさん」の転訛。まれに「姉さん」の転訛として、姉を表すこともある。
あんじょう味良うLLHL宜しいように。良しなに。「私はその道に暗いさかいに、味良うして頂戴」
あんた貴方LLH/HLL強勢形はHLL。
あんな連体HHH
あんな感(俗)LLH「あのな」の撥音便化。使用頻度は非常に高い。対照的に、「あのね」はほとんど用いぬ。
アンのジョウ案の定LLLHL/LLHLLLLHLLは強勢形
アンポンたんHHHLLL「アホ」を可愛く言う表現。
あんまりHHHH変化形「あんまし」も同様
単語元表記など品詞アクセント備考用法解説

「い」で始まる単語のアクセント

「H」は高い音程、「L」は低い音程、「↘」は核を表す。
一音節の単語のカッコ内は、伸ばして発音するときのアクセント型である。

(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)は、
現在の近畿中央部(京都南部~大阪北部)で失われた(単語によっては現存している場合もある)アクセントを示している。

近畿中央部におけるアクセント区別の一部崩壊は概ね近世辺りに生じたとされ、
特に現代の近畿本土では殆どの地域が近畿中央部と同様の状態に移行している。
(男・女など名詞の従来形は大阪南部や神戸を含め、近畿中央部以外での保存度が高いとも言われている。)

一方で、現在の和歌山県旧龍神村近辺・徳島県沿岸部・高知県中東部では
その従来アクセントが概ね強く保持されている(特に高知県中部)為、
この表記とした。



単語元表記など品詞アクセント備考用法解説
-いでLL/HH強勢形はHH「-ぬ」の古い連用形「-に」に、接続助詞「-て」が後続し、音変化したもの。「書かいでもええ」「記述せいでも宜しい」など。
H(HH)
H(HH)
H(HH)
H(HL)
H(HL)
終助Lあらゆる動詞の命令形について命令文をつくる。「ろ」と並んで普通。
いいHL
いう・いわん言ふ五段HH・HHH
いえ言え五段(仮・命)HL
いえHL
いおHH
いか烏賊HH
いが伊賀地名HL古くはLH↘
いがLH↘
いがい貽貝LLH
いかが如何形動・副LHL
いかがわしい如何わしいHHHHLL
いかす・いかさん生かす五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
いかなる如何なる連体LHLL
いかに如何にLHL
いかるが斑鳩地名HHHH
いかん連語HHH
いかん如何HLL
いき壱岐地名HL
いき名スルLH
いきガイ生き甲斐LLLH
いきる・いきん生きる上一段LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL
いく・いかん行く五段HH・HHHテ形は「いいて・いて」を許容する。過去形もこれに準ず。
いくつ幾つ名・副LLH/LHL強勢形はLHL。
いくつか幾つか連語LLHL「歳はいくつかと訊く」のような間接疑問文の場合は、通則のままLHLLとなる。
いくら幾らLLH/LHL強勢形はLHL。
いけHL
いけずLHL意地悪。
いけずいしいけず石LLHLL京都の習慣。家の塀に自動車がぶつからぬよう、家の前に石をおいておき、ぶつかろうものならあべこべに車が破損するように仕向け、注意を喚起する、無言の脅迫。
いけだ池田地名HLL若い世代ではLLH、LHLとも
いざHL
いさかう・いさかわん諍ふ五段HHHH・HHHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL・HHHLL
いさがわ率川地名HHHH
いしHL
いしずえHHHH
いしのみ石蚤HHHH
いず伊豆地名LH↘
いずこ何処HLL東京式からの借用アクセント。古くはLHHと伝えられる。
いずみ泉・和泉名・地名HHH
いずれ何れ代・副LLH
いせ伊勢地名HL
いそHH
いそがしい忙しいHHHLL
いそがみ石上地名HHHH
いそぐ・いそがん急ぐ五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
いたLH
いただきます頂きます挨拶HHHHHH
いただく・いただかん頂く五段HHHH・HHHHH
いたどり虎杖LHHL土佐弁ではLLHL、伊予弁ではLHLL(揺れあり?)主に小学生が学校の帰り道の途中で生えているものの茎をふざけてかじる遊びが全国的に点在する。生でかじると酸味がし、酸味を抜いて美味しく食べるには下処理が必要である。本格的に食用にする地域は少なく、四国では主に高知県で食用にされる。可食部は若い状態での芽や茎である。
いたる・いたらん至る五段HHH・HHHH
いちLH
いちば市場LHL
いちびり動名詞LLHLふざけるのが好きな人。また、ギャグを頻繁に言う人。
いちびる・いちびらん五段HHHH・HHHHH動名詞のアクセント型から、古くはLLLHであった可能性が想定されうる。ふざけること。また、ギャグを言うこと。
いつ数詞HL
いつ何時LH
いつたり五人HHLL/HHHLほぼ廃語であり、どちらが通則か不明。編者は二つの型を観測。いずれも大阪府大東市。
いつつ五つLHL/HHLHHLは強調形
いつわり偽り動名詞HHHH
いつわる・いつわらん偽る五段HHHH・HHHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL・HHHLL
いてまう五段(俗)HHHH京阪神方言。痛めつけたり、殺傷したりすることを意味する卑語。「舐めさらして-けつかる-者から-いてまうど LLLLLL-HLLL-HLLL-HHHHL」
いといとHL
いとLH
いとLH↘「いとさんLHLL」の形が一般的。相手の娘に敬意と親しみを込めて言う。
いど井戸LH↘
いどがえ井戸替えLLLH
いとコン糸蒟LLLH糸こんにゃくの略。
いとコンニャク糸蒟蒻LLHLLLこちらが全国共通語。「白滝」は東京方言。
いなか田舎HHH
いなごLHL
いぬ(・いなん)往ぬ五段・ナ変HH・HHH「帰る」「行く」を総じて言う語。また、一人称を二人称的に使う表現(「自分何歳?」「己は誰じゃ」)に類して、「来る」の乱暴な言い方としても用いられる。「(電話口で)己、何遍遅刻さらしとるんじゃ!待ちよるさかい、じきに往なんかい、我!」
いぬHL
いのく五段(俗)HHH・HHHH「うごく」の大阪訛り。
いのししHLLL若い世代ではLHLLとも。(山型化?)
いのちHLL
いぼLH
いま居間HL
いまLH
いまい今い形(俗)HLL廃語
いまだ未だLLH古くはLHH
いまでがわ今出川地名LLHLL
いまばり今治地名LHLL今治でのアクセントはHHHH(今治は近畿アクセントが用いられている)
いもHL注意:「お」を付けるとLLHに変化
いもうとHHHH古形アクセントはHHHLで、高知・徳島・和歌山南部等では現役
いもり井守LHL
いや形動ヤHH
いやHL
いやしい卑しいHHLL
いよ伊予地名LH↘東京アクセントの影響でHLも
いらう・いらわん五段HHH・HHHHいじること。「こら、道具を勝手にいろうたらあかん!」「ジャンクショップで買うた機械いらいよりましたら、偶然起動しましてん」
いらち名(俗)LHLいらいらする性分の人。「ああ、もう!この店、美味しいけど遅いねん!」「あんたいらちやな」
いらっしゃる五段HHHHH
いりぐち入り口HHHH
いる上一段HH単体では廃語。「いてまう」「いてこます」などの複合語に残る。
いる上一段HH
いれもの入れ物HHHH
いれる・いれん入れる下一段HHH
いろHL
いろどり彩り動名詞HHHH
いろどる・いろどらん彩る五段HHHH・HHHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL・HHHLL
いわHL
いわい祝い動名詞HHH注意:「お」を付ける場合はLLLH
いわおHHH
いわおこし岩粔籹HHHLL大阪のお菓子。旅行客などを迎えるときに「ようお越し、岩おこし」と洒落ることがある。この洒落の起源は新しく、漫才師「パート2」のギャグに由来する。
いわく曰く副助・名HLL
いわしHHH
いわれ磐余地名HHH
いんジャン石石?名(俗)HLLLジャンケンの俗語。「出さんと負けやど、インジャンホス(河内地方)」などのフレーズがある。
単語元表記など品詞アクセント備考用法解説

「う」で始まる単語のアクセント

「H」は高い音程、「L」は低い音程、「↘」は核を表す。
一音節の単語のカッコ内は、伸ばして発音するときのアクセント型である。

(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)は、
現在の近畿中央部(京都南部~大阪北部)で失われた(単語によっては現存している場合もある)アクセントを示している。

近畿中央部におけるアクセント区別の一部崩壊は概ね近世辺りに生じたとされ、
特に現代の近畿本土では殆どの地域が近畿中央部と同様の状態に移行している。
(男・女など名詞の従来形は大阪南部や神戸を含め、近畿中央部以外での保存度が高いとも言われている。)

一方で、現在の和歌山県旧龍神村近辺・徳島県沿岸部・高知県中東部では
その従来アクセントが概ね強く保持されている(特に高知県中部)為、
この表記とした。



単語元表記など品詞アクセント備考用法解説
-う助動L
H(HL)
H(HL)
ウイ有為HL
うい憂いHL
ウイルスvirusLHLL
うえ植ゑ動名詞HH
うえHH
うえ飢ゑ動名詞LH↘
ウェイパー味覇HLLL大阪で非常に普及率の高い食材の商品名。本来はスープの素だが、もっぱら調味料として用いられ、スープとしての味を知る者は存外に少ない。
うえき植木HHH
うえきや植木屋HHHH
うえる・うえん植ゑる下一段HHH
うえる・うえん飢ゑる下一段LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL
うおHH
ウカ羽化HL
うかがう・うかがわん伺ふ五段HHHH・HHHHH
うかぶ・うかばん浮かぶ五段HHH・HHHH
うかべる・うかべん浮かべる下一段HHHH
うかる・うからん受かる五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
うきも浮藻HHH
うく・うかん浮く五段HH・HHH
うけたまわる承る五段LLLLLH
うける・うける受ける下一段LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL
うける・うける受ける下一段LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL
うごかす・うごかさん動かす五段HHHH・HHHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL・HHHLL
うごく・うごかん動く五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
派生形(いごく・いのく)も同様。
うさ憂さHL
うざい形(俗)HLL元来は東京狭域の方言。全国に拡散し、近畿圏にも伝播して、近畿日本語の形容詞の音韻体系に合わせてHLLとなった。
うさぎLLH
うしHH
うじHL
うじHL
うじ宇治地名LH↘大阪では東京式でHLと発音されることが多い。
うしろ後ろLHL
うすLH
うすい薄いHLL
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHL
うすさ薄さLHL
うすっぺらい薄っぺらいHHHHLL
うそLH
うたHL
うたう・うたわん歌ふ五段HHH・HHHH
うたがう・うたがわん疑ふ五段HHHH・HHHHH
うち内・家HL
うちLH
うちがわ内側HHHH
ウチュウ宇宙LHL
ウツHL
うつ・うたん打つ五段LH・LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)LH・HLL
うっかり副・名LLHL
うっかりものうっかり者LLLLLH
うつくしい美しいHHHLL
うつす・うつさん映す五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
うつつHHH
うっとこ内所名(俗)HHHH「うちのところ」の意。西日本広域で使われる。
うつる・うつらん映る五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
「似合う」の意にも用いる
うつわHHH
うでHL
うでどケイ腕時計HHHLL
うてなHHL
うど独活HL
ウドン饂飩HHH注意:「お」を付ける場合はLLHL
うなぎLLH
うに海胆LH
うねHL
うねび畝傍地名HLL
うば乳母HL
うばう・うばわん奪ふ五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
うべHL
うまHL
うまい上手い・旨いHLL
うまおい馬追HHHH
うまく上手く形(用)LHL
うみ・うまん生む五段HH・HHH
うみ・うまん膿む五段LH・LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)LH・HLL
うみ生み動名詞LH
うみLH
うみHL
うみべ海辺LLH
うめHH
うめHH
うめだ梅田地名LLH古形はHHH?民間語源としては「埋め田」とされる。
ウヨク右翼HLL
うら裏・浦HL
うり売り動名詞HH
うりLH
うる売る
うるおい潤ひHHHH
うるおう・うるおわん潤ふ五段HHHH・HHHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL・HHHLL
うれしい嬉しいHHLL
うろこLHL
うわぐつ上靴HHHH
うわさHHH古くはHLL。
ウンLH
ウンエイ運営名スルHHHH
ウンソウ運送名スルHHHH
ウンテイ雲梯HHHH
ウンドウ運動名スルHHHH
ウンドウカイ運動会LLHLLLHHHLLLも
ウンドウジョウ運動場LLHLLLLLLLLH/LLLLHH/HHHLLL
ウンメイ運命HLLL
単語元表記など品詞アクセント備考用法解説

「え」で始まる単語のアクセント

「H」は高い音程、「L」は低い音程、「↘」は核を表す。
一音節の単語のカッコ内は、伸ばして発音するときのアクセント型である。

(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)は、
現在の近畿中央部(京都南部~大阪北部)で失われた(単語によっては現存している場合もある)アクセントを示している。

近畿中央部におけるアクセント区別の一部崩壊は概ね近世辺りに生じたとされ、
特に現代の近畿本土では殆どの地域が近畿中央部と同様の状態に移行している。
(男・女など名詞の従来形は大阪南部や神戸を含め、近畿中央部以外での保存度が高いとも言われている。)

一方で、現在の和歌山県旧龍神村近辺・徳島県沿岸部・高知県中東部では
その従来アクセントが概ね強く保持されている(特に高知県中部)為、
この表記とした。



単語元表記など品詞アクセント備考用法解説
-え終助H京都・摂津方言。「よ」とほぼ同義だが、軽い疑問の意も表せる。「これでよろしおすえ?」「大きに結構どすえ。わたいなんぞには、勿体無うおすわ(遠回しに否定している。京都では、このような言い回しが上品とされ好まれる)」
-える得る助動LH/HHHのあとではHH、LのあとではLH
H(HH)
H(HH)
H(HL)
H(HL)
H(HL)
L(LH)
エースaceHLL
えい鰩などHL
エイエン永遠形動・名HHHH
エイキュウ永久形動・名HHHH
エイギョウ営業名スルHHHH
エイゴ英語HHH
エイコウ栄光HHHH
エイダン英断HHHH
エイユウ英雄HHHH
エイリな鋭利な形動ヤHLLL
エイレイ英霊HHHH
ええし良い衆名(俗)LLH富裕層を指す俗語。「ええしのボンLLLLHL」=富裕層の子供
えがお笑顔HLL
えがく・えがかん描く五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
エキHL古い京都方言ではHH
エキタイ液体HHHH
エゴサego se-名スル(俗)LHLエゴサーチの略。
えさHL
エシ絵師HL
えぞ蝦夷地名HH古い京都方言ではHL
えだHH
えてコウえて公名(俗)LHLL/HHLLHHLLは強勢形。猿の俗称。
エド江戸地名HH
えび海老HH
えびす神名HHH親しみを込めて「えべっさん」と呼ばれることが普通。商売繁盛の霊験があると信じられ、古来、商人の間で篤く信仰されてきた。
えひめ愛媛地名HLL
えべっさん戎さん神名HHHHHえびす天の愛称。
エホウまき恵方巻HHHHH
エミ笑み動名詞HL
えむ・えまん笑む五段HH・HHH
エモいemoい形(俗)HLL
えら-偉-接頭語(俗)LH「えら本真LLLLH」のみ。
えらい偉いHLL
えらい偉いHLL疲れた様を表すこともある。「徹夜で勉強したさかいに、目ぇがえらいわ」
えらく偉くHLL派生形(えろう)も同様。
えりHL
える・えん得る下一段LH
エンHL
エン園・苑HL
エンHL
エンHL
エンHL
エンHL
エン助数詞LL
エン-接頭語HL音楽用語。調名に付いて、半音高いことを示す。シャープ。「嬰ヘ短調」=ファ♯を主音とする短調
エンカク遠隔HHHH
エンキ塩基LLH
エンギ演技HLL
エンギ縁起LLH
エンギモノ縁起物LLLLH
エンソウ演奏名スルHHHH
エンターテインメントentertainmentLLLLHLLLL
エンピツ鉛筆HHHH
エンブン塩分HLLL
エンポウ遠方HHHH
単語元表記など品詞アクセント備考用法解説

「お」で始まる単語のアクセント

「H」は高い音程、「L」は低い音程、「↘」は核を表す。
一音節の単語のカッコ内は、伸ばして発音するときのアクセント型である。

(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)は、
現在の近畿中央部(京都南部~大阪北部)で失われた(単語によっては現存している場合もある)アクセントを示している。

近畿中央部におけるアクセント区別の一部崩壊は概ね近世辺りに生じたとされ、
特に現代の近畿本土では殆どの地域が近畿中央部と同様の状態に移行している。
(男・女など名詞の従来形は大阪南部や神戸を含め、近畿中央部以外での保存度が高いとも言われている。)

一方で、現在の和歌山県旧龍神村近辺・徳島県沿岸部・高知県中東部では
その従来アクセントが概ね強く保持されている(特に高知県中部)為、
この表記とした。



単語元表記など品詞アクセント備考用法解説
-おす助動HH/LHHのあとではHH、LのあとではLH。京都方言。「ます」と「ございます」を合わせた応用範囲を持つ。「悪うおすねんけど、ちょっと手伝うてくらはりおす?」「よろしおすえ」
-おます助動HHH「ございます」に同じ。「わたいは市の職員でおます」「宜しゅうおます」
H(HH)
H(HH)
麻・苧H(HH)
L(LH)
おあげ御揚げLLH「お揚げさんLLLLH」と呼ぶ場合が多い。
おいHH
おい笈・負HL
おいい多いHHL「多い」の転訛。終止・連体形のみ
おいしい美味しいLLHL
おいしげる生ひ茂る五段HHHHH
おいそがしい御忙しいLLLHLL
おいでる・おいでん御出でる下一段LLLH「行く」「来る」「居る」の尊敬語。おいでになる。いらっしゃる。
おいも御芋LLH「お芋さん」とも。
おいわい御祝いLLLH
おう・おわん追ふ・負ふ五段HH・HHH
オウHL古くはLH
おうかがい御伺ひ名スルLLLLH
おうぎHHH山型化あり。
おうごHLL派生形(おうこ)も同様。
オウコク王国HHHH
オウジャ王者HLL
オウダ殴打名スルHLL
オウト嘔吐名スルHLL
おウドン御饂飩LLHL
オウヘイ横柄形動ヤHLLL
オウボ応募名スルLLH
おうみ近江地名HLL
おえる・おえん終へる下一段HHH
おおい多いHLL強調形のHHL/LHLも聞かれる
おおえばし大江橋地名LLLHL若い世代ではLLHLLとも
おおきい大きいHHLLHLLLも許容
おおきな大きな連体HLLL/LLHL強調形はHLLL東日本語と異なり、西日本語では叙述用法が可能。ただし、詠嘆の終助詞が必須である。「なんと大きななあ!」
おおきに大きにLLHL地域によってはHLLL/HLHLも(高知はHLLL)。古形はHLLL程度が甚だしいことを示す副詞。 京阪地方の飲食店等では、「大きにありがとうございました」の形で頻繁に聞かれる。しかし、これは化石的なものであり、成句以外ではほぼ廃語。
おおさか大阪地名HHHH
おおさかダイガク大阪大学学校名HHHHHLLL
おおさかやき大阪焼きHHHHHH祭りの露天などで売られている料理。
おおさかワン大阪湾地名HHHHLL暴力団員の古典的な決まり文句に「大阪湾に-沈めるど HHHHLLL-HHHHL」。 知名度の高さから、喜劇や漫才では、登場人物が暴力団員であることを解りやすく示すため多用される。
おおしい雄々しいHHLL
おおニュウドウ大入道LLLLLH若い世代ではHHHLLL
おかHH
おかげ御陰LLH
おかず御数LLH
おかず御数LLH
おかやま岡山地名LHLL岡山方言ではLHHH。大阪の四條畷市に同名の地所がある。
おかん御母名(俗)LHL母親を指す
おかん悪寒LLH
おきHH
おきHH
おぎHL
おキョウ御経LLH
おきる・おきん起きる上一段LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL
おく・おかん置く五段HH・HHH
オク名スルHH
おくHL
おくHL
オクさん奥さんHLLL
おくる・おくらん送る五段HHH・HHHH
おけLH↘
おけら螻蛄LLH
おこしお越しLLH
おこしやすお越しやす挨拶LLLHL京都・滋賀方言など。歓迎の言葉。
おこす・おこさん起こす五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
おこぜ虎魚LHL
おこなう・おこなわん行ふ五段HHHH・HHHHH
おこのみやき御好み焼きLLLLLH
おこめ御米LLH
おさLH
おさかな御魚LLHL/LLLH
おさけ御酒LLH
おさしみ御刺身LLHL/LLLH
おさまる・おさまらん収まる五段HHHH・HHHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL・HHHLL
おさむし歩行虫LHLL
おさめる・おさめん治める下一段HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL
おしHH発話障碍者に対する蔑称
おじ伯父・叔父HH
おしい惜しいHLL
おしえる・おしえん教へる下一段HHHH派生形(おせえる)も同様。
おジギ御辞儀名スルLLH
おジゾウ御地蔵LLLH
おしどり鴛鴦LHLL
おシャカ御釈迦LLH
おシャカさま御釈迦様LLLHL
おジャマ御邪魔形動・名LLH
おショウ和尚HLL
おショウガツ御正月LLLHL
おしらせ御知らせ名スルLLLH
おす・おさん押す五段HH・HHH
おすHHHLが古形?
おす御酢LH強勢形なし
おすすめ御奨めLLLH
おセチリョウリ御節料理LLLHLL
オセン汚染名スルLLH
おそで遅出LHL勤務形態のひとつ。
おそらく恐らくHHLL
おそれる・おそれん恐れる下一段HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL
おそろしい恐ろしいHHHLL派生形(おとろしい)も同様。奈良方言では「大変な」「骨の折れる」の意にも多用
おそわる・おそわらん教はる五段HHHH・HHHHH
おタイシさま御太子様地名・人名LHLLLL聖徳太子、またはその陵墓と伝えられる叡福寺北古墳の敬称。
オダク汚濁名スルLLH
おたずね御尋ね名スルLLLH
おたやんLHLL「おかめ」の面の異称。転じて、容姿の優れぬ女性を指す。愛着を含意しており、あまり侮蔑的ではないが、使用には注意が必要だ。
おち落ちHL話や物語などの結末。落とし所。
おちいる陥る五段LLLH・LLLLH
おチャ御茶LH強勢形なし
おちる・おちん落ちる上一段LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL
おつげ御告げLLH
おっさん名(俗)HHHH「おじさん」の転訛。
オッさん名(俗)HLLL「和尚さん」の転訛。
おっしゃる・おっしゃらん仰る五段HHHH・HHHHH
おっと夫・良人HHH
おつり御釣りLLH
おてすき御手隙LLLH
おてら御寺LLH
おとHL
おドウ御堂LLH
おとうとHHHH古形アクセントはHHHLで、高知・徳島・和歌山南部等では現役
おとこHLL
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHL
オトシブミ落し文HHHLL
おとす・おとさん落とす五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
おとつい一昨日HHLL派生形(おととい)も同様
おとな大人形動(俗)・名LLH
おとなり御隣LLHL
おとめ乙女LHL
おとわのたき音羽の滝地名HHHHHH
おとん御父名(俗)LHL父親を指す
おなか御腹LLH
おなじ同じ連体LLH
おなわ御縄LLH
おにHL
おにぎり御握りLLHL/LHLL
おねがい御願ひLLLH
おのHH
おのれLLH/HHHHHHは強調形
おば伯母・叔母HH
おば祖母HH
おはし御箸LLH現在は山型化したLHLが主流。
おはやし御囃子LLLH
おはよう御早う挨拶LLHL
おはようおかえり御早う御帰り挨拶LLHLLLLH京都の見送りの挨拶。「いってらっしゃい」に相当。 アクシデントで帰りが遅くならぬことを祈る意義がある。
おはらい御祓ひLLLH
おびLH
おふだ御札LLH
おフドウさん御不動さんLHLLLL不動明王ないし不動明王を本尊とする寺院の愛称
おベントウLLLHL古形はLLLLH。
おぼえる・おぼえん覚える下一段HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL
おぼれる・おぼれん溺れる下一段HHHH
おボン御盆LHL
おまえ御前LLH若年層を中心にLHLも聞かれる(LLHより軽いニュアンス?)
おまちどおさま御待ち遠様挨拶LLLLLLH
おまっとさん挨拶(俗)LLLLLH「お待ち遠様」の約まった形。ややぞんざい。
おまつり御祭LLLH
おまはん代(俗)LLLHHから始まる単語の前以外ではLLHHも許容。つまり、「おまはんが」をLLHHHとはならぬ「おまえさん」の転訛。
おまわりさん御巡りさんLHLLLL
おみうけ御見受け名スルLLLH
おみせ御店LLH
おみやまいり御宮参りLLLHLL
おめでとう挨拶LLLHL
おもHL
おも形動ヤHL
おもい重いHLL
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHL
おもい重いHLL
おもい思ひ動名詞LHL
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHL
おもう・おもわん思ふ五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
おもおもしい重々しいHHHHLL
おもしろい面白いHHHLL
おもち御餅LLH
おもて思て五段(テ)(縮)HLL「思うてHHLL」の短縮形
おもてHLL
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHL
おもろいHHLL「おもしろい」のくだけた形。すべての活用形を備える。
おもわく思はくHHHH
おもんない形(俗)HHHLL「おもろい」の連用形「おもろうHHHL」に、形容詞「無いLH」が接続した「おもろうないHHHLLH」が縮まり、一つの形容詞のようになったもの。全ての活用形を具える。 文法的には、独立した形容詞として充分に認めうるが、語根「おもろい」がそもそも砕けた表現であることから、「おもんない」も俗語的な性格が強い。
おやHL
おやすみお休みLLHL「休日」の意。
おゆ御湯LH
およぐ・およがん泳ぐ五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
おりHL
おり折りLH
おりる・おりる降りる上一段LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL
おる・おらん居る五段HL・HHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HL・HLL
西日本語では、謙譲語に限らず使用可能。ただし、目上の人に用いると失礼にあたるのは東西共通。「すぐ戻ってくるから、そこおってや」 神戸以西の西日本では「おる」の汎用性は更に高くなり、目上の人にも問題なく使用出来る地域も多い(存在を示す表現に「いる」を用いない地域と重なると推測)。一方で、大阪は近年西日本各地からの移住者増加の影響あるいは東京に対する文化的対抗意識により「おる」の表現としての中立性(一般性)がややあがりつつある。
おれHH
おれ折れ五段(仮・命)LH
おれ折れ動名詞LH
おレイ御礼名スルLLH
おれさま俺様LLLH
おろか愚か形動ヤHLL
おろす・おろさん下ろす五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
おわかりお分かりLLLH
おわった終わった五段PPHLLL
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL
おわり終はり動名詞HHH
おわり尾張地名HLL
おわる・おわらん終はる五段HHH・HHHH
オンLH
オンガク音楽LHLL
オンチ音痴LHL
おんどれ代(俗)LLLH/HHHHHHHHは強調形。「ん」を「ど」の前鼻音として三モーラで発音されることもある
おんなHLL
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHL
おんなじLLLH「同じ」の転。派生系の「おんなし」も同様。
単語元表記など品詞アクセント備考用法解説