甲種日本語アクセント辞典


甲種日本語アクセント辞典

  甲種日本語アクセント辞典へようこそ。
  本辞典は近畿圏および四国圏の大部分また北陸圏の一部に分布する日本語で用いられる、
  いわゆる「甲種アクセント」「京阪式アクセント」「第一種アクセント」と呼ばれるアクセントの体系を示した辞典です。

  世間一般では「関西系イントネーション」「関西弁の発音」などと呼ばれているものと思って頂けると分かりやすいかと思います。

  (ちなみに東京圏や、テレビアナウンサー等が用いる日本語のアクセントは「乙種アクセント」「東京式アクセント」「第二種アクセント」と呼ばれています。)

  非母語話者(甲種アクセントが用いられていない地域の日本語の話者)の方は、
  移住や交流を深める際の習得を目指した学習資料として

  母語話者(甲種アクセントが用いられている地域の日本語の話者)の方は、
  自らが用いているアクセントの「振り返り」としてご活用頂けたらと思います。

  ※当Webページは、辞典の第一編纂者及び起草者である坂本小見山氏による「近畿日本語アクセント辞典」を元に複数の語彙及び拡張的コンテンツを追加し、
  Webページとして再構成したものです。

  最終更新日:令和3年8月29日(本編収録単語数:4870)
(以下索引よりコンテンツをご覧頂けます。)

 TOP 
 あ   か   さ   た   な 
 は   ま   や   ら   わ 
 その他 

「ま」で始まる単語のアクセント

「H」は高い音程、「L」は低い音程、「↘」は核を表す。
一音節の単語のカッコ内は、伸ばして発音するときのアクセント型である。

(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)は、
現在の近畿中央部(京都南部~大阪北部)で失われた(単語によっては現存している場合もある)アクセントを示している。

近畿中央部におけるアクセント区別の一部崩壊は概ね近世辺りに生じたとされ、
特に現代の近畿本土では殆どの地域が近畿中央部と同様の状態に移行している。
(男・女など名詞の従来形は大阪南部や神戸を含め、近畿中央部以外での保存度が高いとも言われている。)

一方で、現在の和歌山県旧龍神村近辺・徳島県沿岸部・高知県中東部では
その従来アクセントが概ね強く保持されている(特に高知県中部)為、
この表記とした。



単語元表記など品詞アクセント備考用法解説
-まい助動HL
-ます助動HH/LHHHは強勢形。
-ませなんだ連語HHLLL/LHLLLHのあとではHHLLL、LのあとではLHLLL「ます」の否定形「ません」の過去形。多くの場合、「まへなんだ」と訛った形で用いられる。現在ではほぼ「ませんでした」に取って代わられつつある。
H(HH)
H(HH)
H(HH)
まいHH
マイド毎度副・挨拶LLH「毎度ありがとうございます」の略として「毎度」と声を掛ける際は、山型化してLHLとなることもある。
マイナスminusHHHH
マイニチ毎日LLHL
まう(・まわん)まう五段HH・HHH「~してしまう」の「し」が脱落した形。
まう・まわん舞う五段HH・HHH
まえLH↘過去を示す前はHL/HH、物体が目の前に存在する際の前はLH↘
まえがみ前髪LLHL/LLLH
マオウ魔王LHL
まがいもの紛ひ物HHHHH
まがたま勾玉HHHH
まがった曲がった五段PPHLLL
マカフシギ摩訶不思議形動ヤHLHHH
まがる・まがらん曲がる五段HHH・HHHH
まきHH
まきHL
まきむく纏向地名HHHH
まきむくイセキ纏向遺跡地名HHHHHLL
まぎれる・まぎれん紛れる下一段HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL
まく・まかん巻く五段HH・HHH
マク膜・幕HL
まく・まかん播く・撒く五段LH・LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)LH・HLL
まぐれ紛れ形動?LHL
まけ負けHH
まけ負けHH
まける・まけん負ける下一段HHH
まげる・まげん曲げる下一段HHH
まける・まけん撒ける下一段LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL
四国方言、淡路弁など液体がこぼれる、あふれるの意。例:「そんな急いで運んだら撒けるで!」「(お茶を注ぎすぎて溢れた際に)あ~撒けた~」
まごHLLH↘も許容
マご馬子HLLH↘も許容
まことHHH
まさか正かLHL
マサツ摩擦名スルLLH
まさに正に・当にLHL
マジシャンmagicianLHLL
マジックmagicLHHL
まします連語HHHH
まじめ真面目LLH山型化傾向あり
マジュウ魔獣HHH
マジン魔人・魔神HHH
ます助動HH
ます助動HL
まずい不味いHLL
まぜそば混ぜ蕎麦LLLH/LLHLLLLHがやや古風のアクセント
またHL
またHL
まだ未だLH
またたくまに瞬く間にHHHLLL
まち町・街HL
まちがう・まちがわん間違ふ五段HHHH・HHHHHHHLL・HHHLLを耳にすることも
まちがえた間違へた下一段PPHHHLL
まちがえる・まちがえん間違へる下一段HHHHH
まちごうた間違うた五段PPHHHLL
まつ・またん待つ五段LH・LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)LH・HLL
まつLH
まつげ睫毛LHL
まっすぐな真っ直ぐな形動ヤLLHLL
マッタン末端HHHH
マッチャ抹茶LLH
まつばら松原地名LHLL元来はHLLL?何れにせよ不自然なアクセント型である。
まつむし松虫LHLL
まつやま松山地名LHLL松山でのアクセントはHHHH(松山では近畿式アクセントが用いられる)
まつりHHH注意:「お」を付ける場合はLLLH
まつる・まつらん祀る五段HHH・HHHH
まで副助HLただし、意味上、接続する単語にプロミネンスがおかれることが多いため、実文中ではLLとなることがほとんど。
まとHH
まどLH
まどLH↘
まどう・まどわん惑ふ五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
まどわす・まどわさん惑はす五段HHHH・HHHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL・HHHLL
まなこLHL
まなざし眼差HHHH
まなぶ・まなばん学ぶ五段HHH・HHHH
まね真似名スルHL
まのあたり目の当りHHHLL
まばたき瞬きLHLL
マホウ魔法HHH
まほろばHHHH
まま儘・随HH
まま間々HH
まむしHHH
まむし間蒸しHHH鰻をごはんで挟んだ料理。
まめ忠実HH
まめLH京都などではHLとも。
まめだ豆だ名(俗)LLH子狸の愛称。「豆だぬき」の略。
まめまき豆撒きLLHL成田山不動尊で節分に行う豆撒きが有名。
まもる・まもらん守る五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
まゆLH
まゆLH
まゆげ眉毛LHL
まりHL
マリョク魔力HLL
まるHH
まるい丸いHLL
まるイチニチ丸一日副・名HHHHLL
まるたまち丸太町地名HHHLL
まるっぽ丸っぽ副(俗)HHHH京都弁・摂津弁など。「まるごと」の意。
まれHH
まろ麿・磨呂HL上方落語などに伝わる。
まわす・まわさん回す五段HHH・HHHH
まわり周りHHH奈良県では、「支度」の意味もある。
まわる・まわらん回る五段HHH・HHHH
まんLH慣用句「まんが-悪い LLL-HLL」のみ。 不運である様。
マンイン満員形動・名HHHH
マンザイ漫才LLHL
マンザイシ漫才師LLHLL
マンジュウ饅頭HLLL
まんなか真ん中HHHH
まんまんちゃん名(俗)LLHLLL仏壇、仏像、成仏した故人などを指す幼児語。子供は仏壇に手を合わせて「まんまんちゃん、あん」と言う。
単語元表記など品詞アクセント備考用法解説

「み」で始まる単語のアクセント

「H」は高い音程、「L」は低い音程、「↘」は核を表す。
一音節の単語のカッコ内は、伸ばして発音するときのアクセント型である。

(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)は、
現在の近畿中央部(京都南部~大阪北部)で失われた(単語によっては現存している場合もある)アクセントを示している。

近畿中央部におけるアクセント区別の一部崩壊は概ね近世辺りに生じたとされ、
特に現代の近畿本土では殆どの地域が近畿中央部と同様の状態に移行している。
(男・女など名詞の従来形は大阪南部や神戸を含め、近畿中央部以外での保存度が高いとも言われている。)

一方で、現在の和歌山県旧龍神村近辺・徳島県沿岸部・高知県中東部では
その従来アクセントが概ね強く保持されている(特に高知県中部)為、
この表記とした。



単語元表記など品詞アクセント備考用法解説
動名詞H(HH)
実・身H(HH)
H(HL)
数詞H(HL)
L(LH)
みい間助HL奈良方言・和泉方言。語調を整える間投助詞。「あのみい、僕みい、奈良のみい、」 廃語になりつつある。
みうける・みうけん見受ける下一段HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL
みえ三重HL
みえる・みえん見える下一段LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL
みかけ見掛けHHH
みかげばし御蔭橋地名LLHLL
みかける・みかけん見掛ける下一段HHHH
ミかた味方名スルHHH
みかどHHH
みがわり身代はりHHH
みぎHH
みくに御国HHH
みこ巫女HH
みこ御子・親王HH
みこし神輿HHH
みささぎHHHH
みさんざいHHHHH派生形(にさんざい)も同様。河内地方南部、和泉地方南部、奈良県の方言。「陵」の転訛。古墳を指す。俗語ではなく、ある程度改まったコンテクストで用いられ、崇敬の意を含む。被葬者が明らかな場合は、その名を取って「お○○様」「○○さん」と呼ばれることが多い。
みじかい短いHHLL
みす御簾HH
みずHH
みずうみLHLL
みずから自らHLLL
みずくさい水臭いHHHLL大阪では「味付けが薄い」の意にも用いられる。
みずすまし水馬HHHLL
みずや水屋HHH食器棚を指す和語
みせHL注意:「お」を付ける場合はLLHとなる。
みせる・みせん見せる下一段LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL
ミソ味噌LH
みぞHH
みそのばし御薗橋地名HHHLL
みたい助動HLL
みたり三人HLL
みちHH
ミチ未知形動・名HL
みちしるべ道標HHHLL
みちびく・みちびかん導く五段HHHH・HHHHH
みちる・みちる満ちる上一段LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL
ミツ蜜・密HL
みつ三つ数詞HL
みつかる・みつからん見つかる五段HHHH・HHHHH
みつける見つけるHHHH「探す」の意もあったが、若い世代ではほぼ廃語。「最前からマイクロピペット見つけよるねんけど、見当たらんのや」
みっつ三つHHL
みつでら三津寺地名HHHH
みってらさん三津寺さん地名(俗)HLLLLL大阪市中央区の真言宗寺院「三津寺」の愛称。
ミツばち蜜蜂LHLL
みドウすじ御堂筋地名LHLLL元はLLLLH?
みどりLHL
みどりいろ緑色LLLLH
みな副・名HL「(副)皆たべてしもうた」
みなさま皆様HLLL
みなとHHH
みなまで皆迄HLLLすべてを。慣用句「みなまで言う」のみ。
みなみHLL/HHH強勢形HHHが一般化しつつある。HHLも耳にする(HLLがHHHに移行する途中経過アクセント?)
みなもとHHHH
みにくい醜いHHLL
みねHL
みの美濃地名HH
みの蓑・簑LH
みのお箕面地名LHLHLLとも。(こちらが古形?)
みのおやま箕面山地名LLLLH単に「箕面の山HLLLHL/LHLLHL」と呼ばれることが多い。
みぶ壬生HH
みみHL
みみず蚯蚓LLH
みめ見目・眉目HL
みやHH
みやこHHH
みよ御世・御代HL
ミョウ形動ヤHL
ミライ未来HLL
みる・みん見る上一段LH「何かを探して(場所)を探す」の意もあったが、若い世代ではほぼ廃語。「箪笥の中は千度見たが、ありゃせんのやで」
ミルクレープmille crêpesHHHHLL
ミルフィーユmille feuilleHHHLLLLHLL
みわ三輪地名HH
みわやま三輪山地名HHHH
ミンジ民事LHL民事裁判の略。
ミンシントウ民進党組織名HHHHHH
みんな名・副LHL
ミンワ民話LLH
単語元表記など品詞アクセント備考用法解説

「む」で始まる単語のアクセント

「H」は高い音程、「L」は低い音程、「↘」は核を表す。
一音節の単語のカッコ内は、伸ばして発音するときのアクセント型である。

(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)は、
現在の近畿中央部(京都南部~大阪北部)で失われた(単語によっては現存している場合もある)アクセントを示している。

近畿中央部におけるアクセント区別の一部崩壊は概ね近世辺りに生じたとされ、
特に現代の近畿本土では殆どの地域が近畿中央部と同様の状態に移行している。
(男・女など名詞の従来形は大阪南部や神戸を含め、近畿中央部以外での保存度が高いとも言われている。)

一方で、現在の和歌山県旧龍神村近辺・徳島県沿岸部・高知県中東部では
その従来アクセントが概ね強く保持されている(特に高知県中部)為、
この表記とした。



単語元表記など品詞アクセント備考用法解説
H伸ばせず
数詞H(HL)
ムースmousseHLL
ムイ無位HL
ムイ無為形動・名HL
ムエン無縁形動・名LLH
むかしLLH山型化傾向あり
むかしばなし昔話LLLHLL
むかで百足LHL
ムカドウ無可動LHLL
むき向きHL
むぎLH
むく・むかん剥く五段HH・HHH
むく・むかん向く五段HH・HHH
ムク無垢形動ヤHL
むくLH↘
むける・むけん剥ける下一段HHH
むける・むけん向ける下一段HHH
ムゲン無限形動・名HHHLHH/LLHとも
むこ婿HL京都ではLH↘とも。
ムコウ無効形動ヤLLH
ムザイ無罪HLL
むしHH
ムジ無地HL
ムシャ武者HL
ムジョウ無上LLH
ムジョウ無常形動・名LLH
ムジョウ無情形動・名LLH
むす・むさん生す五段HH・HHH
むす・むさん蒸す五段LH・LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)LH・HLL
むずい形(俗)HLL「難しい」の略。使用頻度は世代により上下しており、今後廃語になる可能性は充分に考慮されうる。
むすぶ・むすばん結ぶ五段HHH・HHHH
ムソウ無双LLH
ムソウ夢想名スルLLH
ムダ無駄HH
ムチ無知HL
むちHL
むつ陸奥HL
むつ六つ数詞HL
むつむ・むつまん睦む五段HHH・HHHH
ムテキ無敵LLH
ムニ無二HL
むねHL
むねHLHHも許容。HHが古形か?
むねHL
ムノウ無能形動・名HHH
ムヨウ無用形動ヤLLH
むらHL
むらさきLHLL
むらさきいがい紫貽貝LLLLHLL
ムリ無理HL
むろHL
単語元表記など品詞アクセント備考用法解説

「め」で始まる単語のアクセント

「H」は高い音程、「L」は低い音程、「↘」は核を表す。
一音節の単語のカッコ内は、伸ばして発音するときのアクセント型である。

(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)は、
現在の近畿中央部(京都南部~大阪北部)で失われた(単語によっては現存している場合もある)アクセントを示している。

近畿中央部におけるアクセント区別の一部崩壊は概ね近世辺りに生じたとされ、
特に現代の近畿本土では殆どの地域が近畿中央部と同様の状態に移行している。
(男・女など名詞の従来形は大阪南部や神戸を含め、近畿中央部以外での保存度が高いとも言われている。)

一方で、現在の和歌山県旧龍神村近辺・徳島県沿岸部・高知県中東部では
その従来アクセントが概ね強く保持されている(特に高知県中部)為、
この表記とした。



単語元表記など品詞アクセント備考用法解説
H(HH)
L(LH)
L(LH)
めいHH
メイHL
メイHL
メイカイ明快形動ヤHHHH
メイシ名士HLL
メイシ名刺LLH
メイシ名詞LLH
メイロウ明朗形動ヤHHHH
めかた目方HHL
めがね眼鏡LHL
めかぶ和布蕪LLH
めくらLHL視覚障碍者に対する蔑称
めぐる・めぐらん巡る五段HHH・HHHH
めさき目先LLH
めざめ目覚め動名詞LHL「目覚めるHHHH」の動名詞であるが、アクセント型はHHHとならず、LHLとなる。山型化にも見えるが、HHHが山型化することはない。このことから、「目覚める」の古形はLLLHであり、動名詞に古来のアクセント型が残ったものと考えられる。
めざめた目覚めた五段PPHHLL
めざめる・めざめん目覚める下一段HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL
動名詞「目覚め」のアクセント型から、古形はLLLHであったと推される。
めしHL
めしあがる召し上がる五段HHHHH
めすHHHLが古形?
メスmesHL
めす・めさん召す五段LH・LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)LH・HLL
めずらしい珍しいHHHLL
めだか目高LLH
めった参ったHLL土佐弁「やってしまった」あるいは追い詰められて手一杯に思ったときに使われる言い回し。
メッチャ滅茶LLH「すごく」とほぼ等価。従うて、フォーマルな副詞が求められる文中で用いると極めて不自然。×「*めっちゃ重篤な」
めて馬手・右手HL
めばちこ目ばちこLHLLまぶたの炎症の一つ。
めめしい女々しいHHLL
メンHH顔に装着し、別の外見を作り出すもの
メンHL物体の二次元成分。側面。
メンHL
単語元表記など品詞アクセント備考用法解説

「も」で始まる単語のアクセント

「H」は高い音程、「L」は低い音程、「↘」は核を表す。
一音節の単語のカッコ内は、伸ばして発音するときのアクセント型である。

(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)は、
現在の近畿中央部(京都南部~大阪北部)で失われた(単語によっては現存している場合もある)アクセントを示している。

近畿中央部におけるアクセント区別の一部崩壊は概ね近世辺りに生じたとされ、
特に現代の近畿本土では殆どの地域が近畿中央部と同様の状態に移行している。
(男・女など名詞の従来形は大阪南部や神戸を含め、近畿中央部以外での保存度が高いとも言われている。)

一方で、現在の和歌山県旧龍神村近辺・徳島県沿岸部・高知県中東部では
その従来アクセントが概ね強く保持されている(特に高知県中部)為、
この表記とした。



単語元表記など品詞アクセント備考用法解説
-もって以てHHL/LLL四国・和歌山・泉南等「~(同時並行的に何かを)しながら」の意。例:「食べもってゲームすな」
H(HH)
H(HH)
H(HH)
係助L
モータープールmotor poolHHHHHLL駐車場のこと。和製英語。
もうHH強意的ニュアンスでLHも耳にする
もうかる・もうからん儲かる五段HHHH・HHHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL・HHHLL
古典的な商人の挨拶:「儲かってまっか?」「ぼちぼちでんな」ただし、近年ではほぼ聞かれぬ。
もうける・もうけん設ける・儲ける下一段HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL
もうしあげる・もうしあげん申し上げる下一段HHHHHH
もうしわけ申し訳HHHHH
もうす・もうさん申す五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
もえる・もえん燃える下一段HHH
モクヨウ木曜HHHL
もぐる・もぐらん潜る五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
もし若しHL
もしHL
モジ文字HL
モジ文字HL
もず百舌HLまたはLH↘
もずく海蘊HHH
もたらす・もたらさん齎す五段HHHH・HHHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HHLL・HHHLL
もちHH注意:「お」を付ける場合はLLH
もちいる・もちいん用ゐる上一段LLLH
もちこたえる・もちこたえん持ち堪える下一段LLLLLH
モツHL臓物の食品名
もつ・もたん持つ五段LH・LLH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)LH・HLL
もって以て助動LLL土佐方言でも用いる和泉方言・讃岐方言など。「~しながら」の意。連用形①に接続。
もとHL
もどす・もどさん戻す五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
もどる・もどらん戻る五段HHH・HHHH
(近世近畿・紀州龍神・阿波・土佐)HLL・HHLL
ものHL派生形(もん)も同様。
ものごと物事LHLL東京式による同化。本来の京阪式アクセントは不明HHLLも耳にする
ものさし物差しHHHL定規の和語。
ものすごく物凄くHHHLL
ものほしざお物干し竿HHHHLL
もはや最早HLL
もみHH
もみHL
もみないもみ無いHHLL「不味い」の意。上代語に起源をもつという巷説もあるが、未確認。
もむ・もまん揉む五段HH・HHH
もむないHHLL「もみない」に同じ。
もめる・もめん揉める下一段HHH
ももHH
もも股・腿HL京都ではLH↘とも。
もも数詞HL
もやす・もやさん燃やす五段HHH・HHHH
もらう・もらわん貰ふ五段HHH・HHHH
もりHH
モリ森・杜HH
モンHL
もん文・紋LH
もんく文句LHL
モンショウHHHH
モンダイ問題形動・名HHHH
モンダイシュウ問題集HHHLLL
単語元表記など品詞アクセント備考用法解説